FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

日々是好日

うだるような暑さの中、杖をつきながらブラブラと渋谷を歩いていると、通りすがりに大きなガラス張りの入口から美しい内装が伺えるお店が目に入りました。「オヤッ? この空間は何だろう」と思わず中へ入ってしまいました。

心地良い涼風が体を包みます。まず目に飛び込んだのは、さりげなく、そして品良くディスプレイされたドッグパンの数々。これでもかとナポリタンスパゲティが詰められたドッグパン。焼きそばやコロッケなど色々あります。レトロでノスタルジックな昭和の香り漂う具材の詰まったドッグパンが、こんなお洒落なところで売られている驚き!

真新しいビルの1階は、大胆なレイアウトが目を惹くベーカリーカフェ。そして2階にファッション雑貨、3階にはホテルという複合ビルです。
(詳細は弊社発行の日本パン菓子新聞・8月1日増刊号で紹介している「koe lobby」を御覧ください)
スタイリッシュな外観で抱いた期待を裏切らない、実に良い風景。最近流行りの“コト消費”やインバウンド観光客の受けも上々といった趣きです。

こちらを手がけた社長は岡山を拠点に海外進出も視野に入れる新進気鋭の若き企業家で、本業はアパレル。いやあ、最近では複数企業とのアライアンスで経営多角化戦略のもと、異業種タッグを組むのが当たり前になってきましたね。ただし、必ずしも効果が得られるかは未知数。まずは“人材”の確保と起用法にあるのは古今東西間違いありません。果たしてシナジー効果のほどはいかに?

ところで、私はこのカフェベーカリーを自ら取材した訳ではありません。編集部に「こんなパン屋ができたよ」と教えただけ。いつもこんな調子で、知らないパン屋さんへ入る“冒険”が日常になっています。それはパン屋にとどまらず「オヤッ?」と何かを感じた店には、中に客がいなくても勇気をもって探索するのが好きなのです。特に食べ物屋さんの場合、“ここだけの味わい”に出会う楽しみも。いや、楽しめない事の方が多いかな。皆さんも“冒険”という感覚で実践してみてはいかがでしょう? 私の言っていることがお分かりいただけるかと思います。

お客様にも、製品にも、従業員にも「敬意」「責務」「大志」「勤勉」を以って向き合う。そうすればおのずと“日々是好日”で過ごせるはず。

私もそんな風に生き(行き)たいものです。


コッペパン2

入院していた日赤の売店で見つけた、YBCの『PRIMEルヴァンサンド』。実食してみると、「わさび&カマンベール味」はワサビの主張、強すぎ! (でも、止まらない)もう一つの『ゆず明太子味とチェダーチーズ味』は、わさび味を食べた後なのでフェアなコメントできず、残念? それにしてもこの妙味、もしかして……飯島延浩社長がバイブルスタディで語られた「知恵と知識によって変化に挑戦し、新しい価値と新しい需要を創造する」ことから生まれた新商品なのか?

この発想にあやかって私も考えました。パン需要が伸び悩む中でキラリと光るコッペパンブームの今、新たな需要となるもの……100歳世代の私達にとっては懐かしい、さながら“日本そば屋の黄色いカレーライスに、テーブルに置かれた中濃ソースを混ぜ合わせる”ような、ノスタルジックな昭和世代のおいしさを目指したい。そう、歴史は繰り返すのです。

前号で紹介した自称ベーカリープロデューサーが提案されていたのもコッペパンでした。狙い所は見事です。でも私は、正攻法で世のパン屋さんが共感し、つくりたくなるメニューを提案したい。

コッペの具材はコロッケ、ハムカツ、ナポリタンにソース焼きそば! コッペパンの大きさは昔の3分の2ないしハーフサイズで、ちょいハード系や全粒粉入り、キヌアやアマニなど体に良い世界の穀物も使い、具材と引き立て合う“主役”としてのパン。消費者の選択によるキャスティングも面白いでしょう。

具材で一品、私の一推しを。それは「スパム」です。とんかつのようにキャベツの千切りをたっぷり添えて味付けは中濃ソースなんて如何でしょう? またスパム缶にもハラペーニョ味やポチギスソーセージ味もあります。「オー、スパム、ありがとう!」というハーレムを舞台にした楽曲が全米ヒットチャートでベスト10入りしていた当時から、米国のハワイではマクドナルドやバーガーキングの朝食メニューに「スパムプレート」がありまして、パサパサのご飯とスクランブルエッグに、3~4枚ほどの軽くソテーしたスパムが入った一皿は現在でも大人気商品です。が、ご飯は相変わらずイマイチ。使い放題の小分け醤油をご飯にたっぷりかけないと日本人観光客には合わないでしょう。でも、それがおいしい食べ方。

色々なアイデアの調理済みコッペパンを店先の目立つ冷蔵ケースに、お洒落なラッピングを施して並べてみては? コッペの横にスリットを入れて、色とりどりの具材をたっぷりとサンドした昭和の哀愁が漂うコッペパンサンド。さあ、召し上がれ。


コッペパン1

就寝前のテレビ東京の「WBSニュース」が日課になっています。スタイリッシュで知的な面立ちの大江キャスターの中立な報道姿勢を貫く語り口には視聴者の誰もが好感をもつ事でしょう。番組制作を支えるバックヤードスタッフにも共感します。なにより番組終了後の寝付きの良さ! 明日の活力の源になります。

そんな素晴らしい番組を提供してくれているテレ東さん! 
先週の「ガイアの夜明け」の体たらくは何ですか?
「ベーカリープロデューサー(以下BP)」とは?

勝手に肩書を名乗るのはご自由ですが、久々に笑わせていただきました。しかし北九州の歴史あるパン屋の“再生シーン”を見た経営難のパン屋さんは、「うちもお願いしてみようか」と命運を委ねてみたり、または安易な考えで「そうだ、脱サラしてパン屋をやろう!」などと思われた視聴者もかなりおられたのではないでしょうか。

コッペパンに着目したのはノスタルジックな“昭和の想い出”につながるトレンド商品ですから、とても良い発想です。というよりは、誰しもが考え付くことで何ら目新しさはありません。北九州の歴史あるパン屋を自称BPに丸投げしたオーナーもオーナーですが、25年もの間、学校給食のコッペパンをはじめ数々のパンを誇りを持って焼き続け、児童や近隣住民の皆さんに愛されてきたやり方をBPから根本より覆され、否定された製造責任者の人生は? プライドは? と、番組が進行するにつけ思わず同情してしまいました。番組を見た同業者や有名シェフも同様に感じた事でしょう。

「パンは脇役なんです。あくまでも口溶けの良い、焼き色が目立たないギリギリの焼成技術で焼き上げるコッペパンだから、どんな食材にも合うのです」。

この一文を正確には覚えていませんが、こんなアドバイスで何回も焼き直しを重ねて味見をして、最後には納得したものの、「洗脳」に近いものを感じました(あくまで私見です)。

新製品“やわらかコッペパン”のデビューとなる再生オープン当日は行列ができていましたが、これはチラシ等による宣伝と口コミによる当然の結果で、番組が追いかけるのもここまで。肝心な「その後」が知りたいですね。

自称BPの彼はホームページ上で1つ良い事を言っていました。

「美味しさと楽しさの共存こそが最大の地域貢献です」

確かに。とはいえ確実に利益を出すことが最優先で、上辺の理想論で終わらない企業努力が大事なのは言うまでもありません。 過密な番組制作スケジュールの中、スポットライトを当てる人材探しにも苦労されていることと察します。

ちなみに翌日、日本のトップシェフ数人にこの話をしたところ「話題にする事すら気分が悪い」「ベーカリープロデューサー? 何それ?」「放っておけばいなくなるよ」等々のご意見をいただきました。現在の好調ぶりが本物の実力なのか、ひとまず動向を見守りたいと思います。(2に続く)


ギャランティー

5月の入院時には小さな赤い実をたわわにつけていた楊貴妃もすっかり衣替え、新緑が眩しい季節です。青葉をみっしりと茂らせた小枝が梅雨明けの熱い日差しを遮るように爽やかな涼風に揺れ、時おり木漏れ日が顔を火照らせてくれます。その脇に置かれた木製の長いベンチに横たわり、しばしの日光浴。眼の前にはカーテンが開け放たれた外来用待合室がありますが、患者さん達の視線も気にせずに30分間ほどのんびりします。

「もうすぐ昼食だな」
1Fの売店でホットコーヒーを買い求め、病室で一息つくのは入院生活における数少ない楽しみの1つであります。

 先日の夜のこと、家内が自宅近くの松濤カフェに独りでワインを飲みに行ったとのこと(いいなぁー)。カフェのマスターは以前、近所の有名レストラン「シェ松尾・松濤」のシェフを長年務めていた方で、予約すれば料理を提供してくれるのですが、私は入退院の繰り返しでお預けのまま。普段はコーヒーとワインのみ、つまみは一切ないので、私達はデルタインターナショナルの工藤さんからいただいた「ロカボナッツ」の個包装パックを持ち込みイケメンのマスターとワイン談義に花を咲かせるのが常です。家内は何を話題にワイングラスを傾けていたのでしょうね。

ナッツと言えば、私の中ではヘーゼルナッツが一番の好物。シャンパン・赤・白のワイン、ドライ・ジンにコニャックまで。なんでも“合う”。マカダミアンも良いですね。ローストした塩味の大粒を丸ごと一粒、口の中で噛み砕く快感。厚い殻に圧力をかけて割り、実を取り出してスモークするのも結構イケますよ! アーモンドもクルミもおいしいのですが、これら2種のナッツにはかないません。病室でもロカボナッツを一日一回、ボリボリいただいています。さすがにシャンパンとはいかないので熱いブラックコーヒーがお伴です。

ノンアルコールの病室暮らし、もう一つの楽しみが『濃いめのカルピス』です。“宮古島の雪塩使用”を謳ったこのペットボトル、「カルピスウォーター」に続くベストセラー間違いありません。私、大好きですから。

初カルピスは小学校低学年の頃でした。当時はもちろん瓶入りの濃縮タイプだけでしたよね。のちにペットボトル入りが登場した当時(1991年だそうです)、私はハッ! と気づいたのです。

「やわらかい発想、日常の中の非日常」。

そう、「まさか!」と唸らせる閃きです。そんなアイデアは今後も続々と世に出てくることでしょう。

さて、やわらかい発想の源といえば? 弊社企画のiba2018研修ツアーに参加すれば、おのずと湧き出てくる“ギャランティー”の数々をお約束します。


弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用