コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

リバーサイドホテル 5

「間違いない、メゾンカイザーだ!」

思いがけない発見に、声を上げてしまいました。
「それって、有名なパン屋さんなんですか?」
と、醤油かけご飯生活の修平君。
「そうだよ、行ってみよう」

周囲の建物とはそぐわない1枚ガラスの大きなドアを引き開けると、心地よい冷気と同時に
「ああ、この香りだ」
と思わず呟くほどの芳香に迎えられました。修平君も、
「食欲をそそる匂いですね」
と期待を高めている様子。

デニッシュやクロワッサンの甘ぁーく感じるバターの香り。プノンペンでこの香りは、とても信じられない、魔法の香りです。そしてメコン河を臨むガラス張りの店内のなんとまあお洒落な事! 入ってすぐ右側の冷蔵ケースにはバゲット・モンジュにチーズやハム等がトッピングされたサンドイッチが並んでいます。その横のガラス棚にはデニッシュ類が数種類とクロワッサンが。日本やパリの店舗とは違って品揃えが少ないものの、焼き立てのデニッシュもそそられます。私と修平君はカマンベールチーズがたっぷり入ったバゲットサンドをお土産用に、そしてクロワッサンとカフェオレをオーダーして、見晴らしの良い窓際の席に座りました。クロワッサンが1つ1ドル25セント、カフェオレ3ドル50セント。何か変ですね。

と、ここで修平君が、

「最近スタバができて、プノンペン大学の学生や若者達で連日満席なんですよ」

との事。そういえば40年以上前に仕事でたびたび訪れていた台湾の台北市に、日本の上島珈琲店が出店した時にも同じような光景だったなとおぼろげに思い出しました。若者達にとっては“ステータス”なのでしょう。

エリック・カイザー氏の店は以前も偶然発見したことがあります。3年ほど前に友人が出馬した大統領選の応援に訪れたチュニジア共和国でのこと。立地はカルタゴ遺跡そばの観光地で坂の多い街で、可愛い店員さんと一緒にE・Kの看板を背にして撮影しました。
(「日本パン・菓子新聞」2014年2月15日号・76ページ)

他のお客様には申し訳ありませんでしたが、店のほとんどのパンを買い占めて友人の選挙本部に差し入れたところ、大いに喜ばれました。

意外な国の意外な場所で見つけるメゾンカイザー。今後も続々と海外に出店予定があるそうなので、“偶然の遭遇”が楽しみです。

クロワッサンとカフェオレで一服したあと、再びチリチリと照りつけるリバーサイドを歩いてヒマワリホテルに到着、プールでひと泳ぎしてから「平壌レストラン」で“喜び組”のディナーショーを楽しむ事にしましょう。(終)


70周年

8月31日にNOBU TOKYOレストランにて弊社創業70周年記念レセプションを開催いたしました。これで全3弾にわたる全ての記念イベントが完了となり、皆様のご協力で恙無く終えられたことを深く感謝いたします。

第1弾は6月にタイ王国の最大手「プレジデント・ベーカリー社」の新工場見学ならびにアピチャー社長の講演を拝聴させていただきました。日本の技術に勝るとも劣らないハイクオリティを目の当たりにして、大変有意義な勉強をさせていただきました。

8月30日には日本パン技術研究所のご協力を仰ぎ、世界各国で活躍するパン職人のピーター・イェン氏を招聘しまして、100名を超える製パン講習会の参加者とともに素晴らしい技術の数々を見せていただき、「パン業界の明日に向かって」というテーマに相応しい、未来を見据える新しいスタイルでのセミナーを開催することができました。

特に製粉4社との合同開催なればこそ成し得た、画期的な内容であったと自負しています。日清製粉、日本製粉、日東富士製粉、昭和産業、各社様の粉をそれぞれ使用してピーター氏は参加者の誰もが驚くパンをつくってくれました。それはまさしくアジアにルーツを持つピーター氏のテーマである「アジアの熱風を世界に」と弊社のテーマが共鳴し、まさしく“パンの未来”を発信するセミナーとなりました。

“協調”  “協力”  “協同”。これらは私の好きな言葉です。これらが噛み合ってこそ未来が見えてくるのではないでしょうか。製粉4社それぞれの製パン技術者がアイデアを出し合い、和気あいあいとした雰囲気のもとでセミナーを盛り立てていただきました。これもひとえにパン技研の先生方をはじめ、オーベルニュの井上克哉オーナーシェフ、通訳をしていただいたメゾンカイザーの木村周一郎オーナーシェフ、そしてピーター氏のご紹介にはじまり、多忙を極めるなか快く助手を買って出てくれましたデイジイの倉田博和オーナーシェフ他、関係各位のご協力のお陰です。紙面上にて、重ねて感謝申し上げます。

NOBU TOKYOでは山崎製パンの飯島延浩社長様の講演に110名を超える参加者の皆様が列席されました。製パン業界発展のためのヒントを、そして大きな“パワー”もいただいた事でしょう。


70周年を応援していただいた皆様に、
心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。




リバーサイドホテル その4

「5つ星ですよ、ヒマワリホテルは」

というわけで修平君がリザーブしてくれたリバーサイドホテルにチェックイン。メコン河を臨むフロント……なんですが、これで5つ星? ちょっと何かが変ですねプノンペン。

そういえばタクシーで来る途中に気付いたのですが、街中を張り巡らせている電線の本数が半端じゃありません。何十本、いや100本以上の束が電柱から電柱へ。ひどいところでは重みで歩道にまで垂れ下がっている風景には驚かされます。昨今の先進諸国では無電柱化が進んでいますが、プノンペンは100年経っても変わらぬ景色が広がっているのではないか?(失礼!)などと想像してしまいます。ちなみに盗電がしょっちゅうあり、修平君のバーは10坪ほどの小さな店ですが、いっとき盗電されたことがあるそうで、1ヵ月の電気代に3万円もの請求が来たこともあるとのこと。平均給与額が2~3万ということからも、想像を超えていますね。

「パスポートとクレジットカードありがとうございます」とフロントレディがにこやかに手渡してくれました。「部屋はアップグレードしてあります。ダブルベッドルームですよ」

チェックインを済ませエレベーターに乗り3階へ。ヒマワリホテルは4階建てで中庭を囲むように客室が配置されています。あいにく私の部屋はメコン河の反対側、シティービューでありました。部屋に入ると大きなリビングルームで、左右にそれぞれドアがあります。

まず右側のドアを開けると。キングサイズのベッドが1つ、右奥には大きな洗面台とバスタブがありました。「見た目は3つ星の下。ま、いいか」。はて、何がどうアップグレードしているのでしょう。修平君に聞いても「ちょっと分かりませんね」と、彼が今度は左側のドアを開けます。するとツインベッドの部屋とバスルームが。「これか!」2人で大笑いです。泊まるのは私1人なのに、なぜ2部屋に3つのベッドがあるのでしょうか。ま、これがプノンペン流なのでしょう。

部屋の確認も済んだのでホテル1階のメコン河沿いのレストランでランチです。修平君はメニューを見て「ヒェー! ヒェー!」と訳の分からぬ声を出してページをめくっています。「どうしたの?」「久し振りッスよ、こんな豪華な料理」

聞けばバーの経営はトントン、1本1ドル50セントのビールが1日20~30本出れば良い方で、ラジオのDJやTV出演、ライブ演奏のほとんどがボランティア、しかも従業員2人を大学に行かせて学費も負担しているとか! いやあ驚きました、そして感心。ですから、一日一食。

ご飯に醤油をかけて食べる生活には慣れました、と明るく笑います。「俺がいる間はしっかり食べろよ」なんて偉そうに言っても、たったの3日間ですが。修平君は「フゥ~」と声を出すほどたらふく食べました。食後の散歩でメコン河の側道を歩きます。

「40℃近いかな、今日の気温は。チリチリくるね」。石畳の側道には公衆トイレや資材置場の建物があり、どの建物にも日の丸が描かれているのを尋ねると、「日本の援助でこの石畳の側道が作られたんですよ」と修平君。何やら誇らしげですね。と、その先に見覚えのあるロゴマークが。

「おや? あれは白地に“E”と“K”のマーク……もしかして、メゾンカイザー!?

プノンペンのメコン河沿いに、エリックの店を発見しました。 (つづく)


リバーサイドホテル その3

バンコックからカンボジアの首都プノンペンまではバンコック航空で55分のフライトです。

「さて、もう修平君は迎えに来ているかな?」

修平君は5年前に下高井戸駅前の大衆酒場「紅とん」で知り合った青年です。当時は日大文理学部で学ぶ4年生でした。彼については私のフェイスブックに詳しく書いてありますので、ちょっとのぞいて見て下さい。

大型のトランクには“ヘヴィ”のステッカーが貼られ、大きなダンボールBOX1つ、すべて修平くんへのお土産です。ひやむぎ、めんつゆ、パスタ、レトルトのパスタソース、納豆、煎餅、醤油、マヨネーズ、そしてプレジデントベーカリーからいただいたパンの数々。

総重量は実に58キロ!
真っ黒に日焼けして髪を後ろに束ねた修平くんがニコニコと近づいてきました。

「菅田さん、お久し振りです!」

今にもドアが外れ落ちそうなボロボロのタクシーに乗ってホテルを目指します。

「何年になるかな、あれから」
「5年です」

あれからとは、居酒屋で3人の男子学生がホッピーで焼きとんを頬張りながら、大学卒業後の進路
を熱く語り合っていた隣のテーブルで私と家内が紅とんを楽しんでいた時の事です。彼らが発した「バックパッカーもいいね!」の一言に、思わず反応してしまい、声を掛けていました

「おっ、懐かしい響きだねバックパッカーとは」

続けて、
「ところで、どこに行くの?」

と訊けば、
「えーとその、まだ決めてません」
「それじゃあ、今から家に来ませんか? 僕も昔バックパッカーで15年ほど世界を放浪したんだよ。写真もあるし、さあ飲み直しだ!」

ということで3人を引き連れて我が家へ。家内は呆れていますが、若者と共に飲むのが楽しい事は知っています。「私、先に帰って用意していますね」。なんて良い奥さんでしょうか。

写真を見ながら
「へえーすごいですね」
「めちゃ黒いですね菅田さん」
「短パンにビーサン、上半身裸でバンガローの鍵を首からぶら下げて原チャリ乗ってるの、カッコイイですね」「いつ頃ですか?」

「34、5歳ごろかな。これはタイのコムサイだよ。村の子供たちと海に入って網をめぐらせておくと、カマスみたいな魚が穫れるんだ。包丁で開いてパパイヤの木に網を張って、洗濯バサミで干せば1時間で干物のできあがり。ココナッツの殻で作った炭でBBQするとこれがまたおいしいんだ。でもね、一つ問題があって、匂いを嗅ぎつけた蟻の群れが網に這い上がってくるのが、わずか10分後なんだよ!」

「それ、本当ッスか?」

そんな話に時の経つのも忘れて、その晩は大いに盛り上がり、その後も3人は卒業までたびたび我が家を訪れてくれましたが、そのうちの1人、修平君がナント、卒業後すぐに私が教えたバンコックのカオサンに3ヵ月滞在後、情報収集してたどり着いたのがプノンペンであり、今日が5年越しの再会というわけです。修平君はミュージシャンとして、今ではプノンペンで友人と小さなバーを共同経営しながら、ラジオDJやTV出演、ライブ活動も行うなど、プノンペンで一番有名な日本人になっていました。

「菅田さん、この先の左側に流れているのがメコン河です。その先に見えるリバーサイドホテルの“ヒマワリ”を予約しました」


弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用