FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

 不合理

緊急事態宣言解除の後は、一転して「まん延防止等重点措置」の適用開始。何やらドタバタ劇を見せられているかのような昨今の日常は、「自分本位」な多数の国民性と慎重すぎる政府の指針という歯車が噛み合わない状況に加えて、世界でのワクチン争奪戦にも問題があるようです。

手配はしたもののワクチン到着の予定が明確ではない。しかし摂取時期やその方法といった情報ばかりが錯綜し、世の不安を高めているのが実状であります。

新年度となる4月に入るとスポーツ界から明るいニュースが次々と報じられ、コロナ禍の中でも私達を元気に導いてくれます。大相撲では、不屈の努力で優勝を飾り大関に昇進した照ノ富士関への賛辞が集まりました。そしてゴルフ界ではなんと松山英樹選手が全米マスターズで優勝を飾りました! 日本人初の4大タイトル獲得、そしてアジア初のマスターズ制覇です。そして忘れてはいけない、フレッシュな新風も吹きましたね。マスターズの前哨戦となるナショナル女子アマチュア大会で17歳の高校生・梶谷翼さんが日本人初となる優勝を飾りました。
MLBでは右肘手術という逆境を経たアストロズの二刀流、大谷翔平選手の好調ぶり。連日の「ビッグフライ・オオタニサーン!」は頼もしい限りです。
そして競泳界では白血病からカムバックし、見事オリンピック400メートルメドレーリレーの代表入りを果たした池江璃花子選手。レース後インタビューでの涙にはもらい泣きしてしまいました。

聖書の教えに「命の道」があります。「試練や困難、苦しみ悲しみ、問題課題は解決し乗り越えるための尊き言葉が与えられる」。まさにすべての人間は不屈の精神で乗り切る覚悟を持ってすれば「成せば成る」ということなのかもしれません。諦めてはいけない、危機の時こそ挑戦すべし、という生き方をヒーロー達からも教えられました。

コロナ禍に乗じるかのような不合理な問題が世界各地で起こっています。しかし、すべての不合理な事案にも正義があるのだと私は祈ります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

太古のウイルス

国が発出した2回目の緊急事態宣言を受けて、国民の多くは新しい生活様式を徹底して守り、新型コロナウイルスの蔓延を防ぐべく不自由な日常を過ごしています。しかし一年以上にわたるコロナとの戦いに些か疲れ果て、「自分は大丈夫」と羽目を外して繁華街に繰り出す人も増えています。公共交通機関やデパート、オフィスビルのエレベーターなど不特定多数が行き交う場所でこそ守られるべき3密やソーシャルディスタンスも形骸化しています。宣言下で感染者の下げ止まりが続く中ですが、今月21日には解除となり、街に活気が戻る一方で感染拡大が懸念されます。

地球が誕生してから何十億年もの長い時をかけて、多種多様な生物が誕生と死滅を繰り返して現在の環境が成立しました。しかし人間が生活や経済を優先して限りある資源を利用し続け、すさまじいスピードで環境破壊を重ねています。その結果はご存知の通り、便利さを追い求めた代償として膨大なプラスチックごみが世界中の海と河に漂っています。それは海洋生物の体内に蓄積され、食物連鎖で人間にも悪影響を与えています。

BS-NHKの海外ドキュメント番組で、雪氷圏の氷河が大きく海面へ崩れ落ちるショッキングな映像が流れました。識者解説として添えられた和訳テロップには

「これは地球温暖化による人的被害です。犠牲者が各地で毎年報告されていますが、問題はそれだけではありません。永久凍土の中に眠っていた太古のウイルスが目を覚まして復活し、今までに人類が経験した事のない恐怖が襲ってくる可能性があるかもしれません」

とありました。これはミステリー小説の中の話ではありません。気候変動の問題は最優先で解決策を模索する努力が必要でしょう。前述の “多種多様な生物” にはウイルスも含まれるのです。数々の生命体を媒介して変異を繰り返し、人類の歴史など取るに足らない長い時間を生き抜いてきた、ある意味とても強固な存在です。

新型コロナウイルスが収束しても、しばらくはマスク必須の生活が続くでしょう。変異種の発見とワクチンの開発・接種というせめぎ合いも然りです。全世界の人々が知恵を絞り、我らの母なる大地を元に戻す取り組みが必要ではないでしょうか。

さしあたっての行動として地球温暖化対策の国際協定「パリ協定」の遵守であると識者は結んでいました。問題は山積していますが、一人ひとりが為すべき事を為し、守るべき事を守り尊厳をもって生活しましょう。

原点回帰

私の学生時代に流行ったファッションといえば、一世を風靡したVANJUNです。と言っても、私の定番スタイルはVANの綿パンが唯一のトレンドアイテムで、冬以外はビーチサンダルにペンギンマークの半袖ポロシャツ。そんな若き日の思い出話です。

原宿駅から表参道へ下った1つ目の交差点にあるビルの入口前に、夕刻になると赤いオペルのカゼットを駐めて佇む男がいました。通称 “ピンキー” は日系三世で、当時の原宿界隈での遊び人グループ「カスミ会」のボス的存在。六本木・麻布界隈のグループには峰岸徹、大原麗子といった大物俳優が名を連ねる野獣会や、新宿あたりでは実態不明の「侍の会」などの存在が耳に入ってきました。いずれもメンバーは大学生でしたが、高級外車を乗り回す富裕層のジュニアたち。かくいう私も日産GTRの前身であるプリンス・スカイライン54Bというスポーツカーが愛車でした。友人達の親も錚々たる大企業のオーナーが多く、渋谷文化ホール横の大地主の息子であるピンキーがたむろしている交差点の地下にはブラッキーというサパークラブ、隣のビル1Fにはピザ専門店の「ミッシェル」。道路を挟んだ正面には「ルート5」というドライブインがあったのですが、今となっては想像もできません。

毎日ゝ夕刻になると学校帰りに店の周辺に仲間たちと車を駐め、スペースがなければ二重駐車をするものですから翌年には駐車禁止に。そこで我々は赤坂一ツ木通りのTBS正面玄関前(当時)にあったピンクと白のテントで有名なアマンド赤坂店にたむろする事になったのです。一ツ木通りに面してカウンターがあり、ハンバーグライスを食べるのが楽しみでした。懐に余裕がある時はアマンドの地下にあるレストラン「エスコフィエ」へ。NHKのど自慢の伴奏で有名なアコーディオン奏者・横森良三さんのピアノ(当時アルバイトで弾いていたそうです)を聴きながら、フランスの有名シェフの名を冠した「エスコフィエ」を楽しんだものです。
 
60年代当時の赤坂はクラブやキャバレーが多く、スカルノ・インドネシア大統領に見そめられた、のちのデヴィ夫人が働いていた高級クラブ「ラヴィアン・ローズ」や、800人のホステスを擁していた伝説のキャバレー「ミカド」。その他ゴールデン、月世界など “大箱” が揃い、質の良いナイトクラブの全盛期でした。しばらくして月世界は会員制ディスコのさきがけといわれる「ビブロス」となり、夜遊び好きの若者に愛されました。「檻の中」「大使館」「ポテトクラブ」など今ではレガシーな店があったのです。南麻布のロシア大使館の横にあった「麻布ドライブ・イン」や六本木の「ハンバーガー・イン」、ピザの老舗「ニコラス」などほとんどが閉店しましたが、大原麗子さんが通っていた「キャンティ」は健在です。

コロナ禍で同じニュースばかりを流すTVを消して、新宿の高層ビル群の上空を通過するジャンボ機を眺めていると、無性に若き学生時代の記憶が押し寄せてきます。ミッシェルのピザはおいしかったなー。ハンバーガー・インのカウンターの上にクリップで止めてある、ポテトチップスの小袋を手に取り、ケチャップとマスタードを付けて食べたあの時の雰囲気と味をもう一度感じてみたいものです。

理想と現実のギャップに嫌気がさしている今日このごろですが、初心に戻れば新鮮な食生活が見えてくるかもしれません。私の本能が原点回帰を求めています!

いっぱい、いっぱい

戦国時代から大政奉還に至るまで、武家社会において仕える主君の命令は絶対でした。題名も著者も忘れた、10年程前に読んだ本の一節を鮮明に記憶しています。

「拙者、いっぱい、いっぱいでござる」

それは主君が家臣に命じる、どんな無理難題でもハハーッ! と床に頭をつけ即刻命令に従い解決へ努めなければならなかった、その心中、声なき叫び。“いっぱい、いっぱい” という一方通行の主従関係が当たり前の時代でありました。

現代社会のサラリーマンにしてみても、主君である上司や社長からの命令はたとえ理不尽であろうが “やらねばならぬ” と断れない関係には昔も今も変わらないというのが本音でしょう。そこに縦割り組織特有のムリ・ムダや忖度が加われば、パワハラ問題になることも。

ですから、ささやかなガス抜きの場として赤ちょうちんの居酒屋は繁盛するのです。上司の命令には決して逆らわない、されど……

「こんな納期と予算で引き受ける仕事じゃないね」
「安月給を我慢してるんだ、有休くらい自由にとらせてくれよ」

などと同僚と杯を重ねつつ不平不満が飛び交うのです。しかし現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のために国は緊急事態宣言を発出。主要都市はアルコール類の提供は19時、営業時間は20時までという厳しい営業自粛を夜の街に要請。かくして世のサラリーマン諸氏のボヤキは非日常の「リモート飲み会」へと舞台を移しましたが、TVのニュース映像でその様子を見る限り、どことなく滑稽さや悲しみを誘うものがあります。

絶対服従の武家社会から文明開化を経て、今日の経済発展に尽力した渋沢栄一氏の人生を描くNHK大河ドラマが開始早々から好調のようです。旧来の因習と決別し新たな時代を切り拓いてゆくサクセスストーリーには、束の間の清涼効果があるようです。

かたや武家社会における主君の “命” には絶対服従、与えられた武士は知恵を絞り、苦しみに苦しみ抜いて任務を果たします。その達成感たるや至福の喜びだったでしょうが、その後も次々と発せられる “命” を一つでも失敗すれば「はい、それまでよ」と、非情な結果が待ち受けていました。

現代にも「ブラック企業」という名の下に名残があります。禅や信仰の世界で言えば、悟りを開けば現世の苦が無くなるらしいのですが、苦ばかりの毎日とは困ったもので、ひとつの到達点として目標を掲げても “これで終わり” ではありません。

コロナ禍で社会の有り様はかなり変化しました。サラリーマンだけでなく、学生も専業主婦も年金生活者も自分自身に適した生活様式を守り、一日も早くかつての安心できる日常を取り戻す事が何より肝要であります。理想の家族愛、安定した経済は理想の経営から。

「いっぱい、いっぱい」から「少しずつ、少しずつ」
へとシフトしませんか。


弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用