FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

新世界 <後編>

コ・サムイ(サムイ島)の西側に位置するナトン港の桟橋の先には下船する我々観光客を待つタクシーの列。といっても小さなピックアップトラックの荷台を改造して両側にベンチシートと屋根を付けた、乗り合いトラックならぬタクシーです。ドライバーはサムイ島沿岸に点在するビーチや街など行き先を連呼して客引きし、満員になったら出発という段取り。このバックパッカー相手の呼び込みはフェリーが到着するたびに繰り返される日常茶飯事で、近くにあるオープンレストランも活気があります。

私も乗り合いタクシーに揺られること20分あまり、20バーツ(80年代初頭の金額で約60円)で北側のボープットの船着場へ到着。島から島へ、今度は古びた木造の小さな桟橋から目視できるパンガン島へ、20人乗りの小さなポンポン船で向かいます。

 スラタニ側ではなくタイランド湾を見渡す “裏側” のサンデービーチが見えて来るや、乗客全員が立ち上がって「パラダイス!」と口を揃えて声を上げ、お互い笑顔でハイタッチ。白砂で遠浅のビーチには桟橋がなく、100mほど手前から迎えに来た小さな手漕ぎボートに分乗して、いよいよ “パラダイス” に上陸です!

レオナルド・ディカプリオ主演の「ザ・ビーチ」さながらの絶景はもちろんのこと、当時は電気やガスはおろか水道すらない原始的な状況でした。ヒッピーに憧れるジャンキーな若者が集まる島として有名で、ちょいと危ない「フルムーンパーティー」開催期間は島中のバンガローが満室になるほどです。

私はビーチ北側の小高い岩山に点在するバンガローが常宿でしたね。下のロビー……とは言ってもテーブル一つを覆う茅葺き屋根だけの質素なものですが、私はこういうのが好きなんです! ここでチェックインを済ませ、岩山の中腹にポツンと佇む1ルーム15㎡ほどのバンガローへ。蚊帳を吊ったベッドとベランダにハンモック、トイレは雨水を溜めた桶から柄杓ですくって流すだけ、シャワーも雨水ですがこちらは屋根にタンクが設えてあるので太陽熱のおかげで丁度よい湯加減。

こんな質素な部屋から見渡す、大海原に広がる水平線。明け方にはハンモックに揺られながら、水平線をゆっくりと染め上げるサンライズとご対面です。必需品は当時のヒット商品「ウォークマン」。選曲は……そう、ドヴォルザークの「新世界」。このシチュエーション、泣けますよ!
 
40年ほど経た記憶を鮮やかに呼び覚ましてくれた、サントリーホールのひととき。瞼を閉じても涙が滔々と頬を伝います。クラシックの名曲って、1つの旋律の繰り返しなんですね。同じテーマ(メロディ)をゆったりと、時にはせわしなく。囁くように、時には叫ぶように。多彩なアレンジで重ねられるリフレイン。さあ、私の未だ知らぬ、次に出会う “新世界” は、どんな繰り返しなのでしょうか?

新世界 <前編>

山崎製パン主催の「サマーコンサート2019」が8月23日、赤坂のサントリーホールを貸し切って開催されました。東京交響楽団を指揮するのは銀髪の名コンダクター、秋山和慶さん。前半の演目はドヴォルザークの交響曲第9番「新世界」でした。

「新世界」は私にとって想い出深い特別な曲。
それは、思い起こせば40年近く遡る、遠い昔の話となります。。。

タイ王国の首都バンコクの中心地に「ファランポーン」という、日本の東京駅のような中央駅がありまして、バックパッカーだった私は19時発の夜行寝台列車に乗ってマレーシアとの国境近くの港町「スラタニ」へ12時間かけて向かいます。夕食はキッチンカーからのデリバリー。どれもハイクオリティーなタイ料理をメコンで楽しみました。朝食はトーストとコーヒーのデリバリー、こちらもまあまあ。

到着後は駅前で待機する集合バスに飛び乗ります。2時間ほど舗装がいい加減な道を砂埃を上げながら100キロ近い速度で突っ走るものですから、眠る事もできません。とはいえぼんやりと水田、畑、塩田や放牧された牛の群れ、そして今にも倒壊しそうなドアすら無い藁葺き屋根の屋台が集まったレストランで食事をする人々を眺めているだけでも飽きません。そしてあっという間にフェリー乗り場に到着するのです。

フェリー乗り場には屋根だけの待合室と小さなレストランだけ。弁当などを売る子どもがひしめいていて、リュックを背負った外国人旅行客に声を掛けます。私は10歳くらいの坊やが肩からかけたズタ袋にたっぷり入っている竹筒の弁当らしきものを見つけて1つ買い求めました。坊やは小さなナタでやさしく縦に刃を当ててトントンと割りほぐすと、竹筒には炊かれたココナッツ風味のジャスミンライスがぎっしり入っています。お金を渡すと坊やは両手を合わせて「コップクン・クラップ(ありがとう)」と笑顔で近くの外国人の集団の中に入っていきました。

30分もするとフェリーに案内され乗船。後部デッキにリュックを置いて「竹ご飯」のランチタイムです。船はゆっくりと港を離れて、目指すは「コ・サムイ」。“コ” はタイ語で「島」を意味しますから、行き先はサムイ島ですね。

シャム湾に浮かぶコ・サムイまで4時間の船旅はとても賑やかです。ドイツをはじめヨーロッパ各国やアメリカ、アフリカ等々、世界中から集まったコ・サムイを目指す若者同士で賑やかに語らいます。勿論スマホやネットもない時代でしたから、お互い貴重な情報収集でもあるのです。船の売店で買ったタイの「シンハービール」をラッパ飲みしながら、船は一路コ・サムイに舵を切り、国立公園に指定されている緑いっぱいの島々(ほとんどが無人島)を通過します。

やがてコ・サムイの港町「ナトン」の浅橋が見えてきました。ほとんどのバックパッカーはリュックを背負い直して桟橋を見つめます。

「サワディー・クラップ!」
こんにちは、コ・サムイ。え? ここが新世界!?
いやいや、ここからがスタートです。(続く)


PLC、チュセヨ!

私の友人で “コストコ大好き韓国人” のイさんは、かつて一世を風靡した人気韓流ドラマ「コーヒープリンス1号店」の撮影時、カフェオーナーの知識と経験を生かして主演のコン・ユさんはじめ全スタッフにソウルでバリスタ指導をした人です。現在新大久保にあるカフェ「珈琲豆林(コーヒー・ドリーム)」には当時のスチール写真が展示されていて、韓ドラ好きが高じて訪れる日本のマダムや地元の韓国人で連日賑わっています。

イさんは私と同じプロテスタントで、大久保にあるヨハネ東京キリスト教会の牧師をはじめ、多くのクリスチャンの集いの場でもあるカフェなのです。

この店が “ドラマ巡礼地” としての役目を終えて最近リニューアルし、スッキリとした内装に様変わりしました。イさんの友人手づくりのチーズケーキと、クロワッサンにチーズ・ハム・トマトを挟んだクロワッサンサンドイッチが人気です。他にもコン・ユさんの名を冠した「コン・ユ焼き」なる焼き菓子はリニューアル後も引き続き好評です。

ある日、イさんがいつものコストコで “大物” を買ってきました。伊藤ハムのパストラミビーフの薄切りパック、約1キロです。私に見せて「味見をしてください」と感想を求めるので、さっそく一口。「おいしいね!」と伝えると「これでサンドイッチをつくってみます」と調理場へ。

出てきたサンドイッチは某メーカーの食パン8枚切りを2枚使ったもの。中身はパストラミとレタスにトマト。「どうですか?」私は正直に、

「8枚切り2枚より、10枚切り3枚がいいな。1枚にはディジョンマスタードを塗ってパストラミ、真ん中のパンには何も付けずに3枚目はマヨネーズを塗ってレタスとスライスチェダーチーズを1枚はさみ、バッテンにカットして綺麗に皿に盛ったらどうでしょう?」

とアドバイス。

翌日、イさんは
「まいばすけっと、セブン-イレブンには10枚切りの食パンがありませんでしたが、高田馬場のオオゼキスーパーにロイヤルブレッドの10枚切りがありましたよ。さっそく試作して妻にもすすめてみたら絶賛してました! 」

ふむふむ、手応えアリのようですね。

「問題はロイヤルブレッドが1斤198円……少々値がはります(笑)。でも、とてもおいしい食パンと妻の笑顔でメニュー化決定です」

どうやらお役に立てたようです。

「スガタさん、名前を付けてください」

アドバイスに続いて名付け親、という訳で、

「パストラミの、レタスの、チーズの、頭文字3つで
 “PLCパルク ってのはどう?」

と提案すると

「パルクハンゲ、チュセヨ!」(パルクサンドひとつください)

イさん、お客さんになりきって元気にコール。
うん、いい響きだね!

負のスパイラル

真夏日を記録した猛暑のある日、弊社最寄りである千駄ヶ谷駅近くのセブン-イレブンにて弁当を物色していると、この時期には珍しい「かき揚げ天ぷら蕎麦」を発見しました。しかも30円引きの赤いシールが貼ってあります(今秋開始のポイント値引きサービスとは別の、一部店舗による試験実施のようです)。

私は暑い日に熱々のタンメンやあんかけもやしソバ、刀削麻辣麺や立ち喰いのかき揚げソバなどを好んでいただきます。暑い時に熱いものを食べると、私はなぜか爽快な気分になるのです。

早速、かき揚げ蕎麦のカップをもってレジへ。するとベトナム系らしき女性店員がカップのラベルにバーコードリーダーを当てるや、カップを手に持ったまま陳列棚へ向かい、何やら確認してすぐ戻ってきました。

「これ、賞味期限過ぎてて売れません。他のありません。すみません」
と謝ります。

「大して時間も過ぎてないので大丈夫ですよ」
と答えると、

「バーコードをスキャンすると30円引きになりません」
なんと!

おやおや、賞味期限直前のお買い得品でラッキー! と思っていたのに、間際ならぬ完全に期限切れ、しかも売るとなると値引きできないとは! ちょっと訳の分からない理屈に驚いていると、隣のレジで一部始終を見ていた店長らしき男性が「ルールですから、そういう事です!」とダメ押し。

何かおかしいですね。そもそもルールというなら、賞味期限が切れている品物を棚に並べておくなよ~と心の中でキレそうになりましたが、ここは冷静に「分かりました」とミニ冷やし中華をチョイスして今日のランチとしました。

マニュアルを徹底しているようで、実は何も機能していない! 基本がなっていない! 店舗が増えるほどに従業員の確保と教育が困難を極めるコンビニ業界の昨今、食品ロスをなんとかしなくてはと本部の偉い人たちが知恵を絞るのも大事ですが、まずは店舗教育が先決でしょう。何とも虚しいですね。

鳴り物入りでスタートした「セブンペイ」がデータ不正アクセスを理由に9月いっぱいでサービス終了、24時間営業に伴う店舗運営の様々な問題点など、コンビニ業界の代表格であるセブン-イレブンから、負のスパイラルが顔を見せ始めています。


弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用