コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

浄水倶楽部

大相撲福岡場所が開催中の11月、
久し振りに家内と連れ立って福岡へ足を伸ばしました。

久々の博多で感心したのが多種多様なレストランが豊富なこと。特に博多駅とその周辺ではニュースタイルの菓子店やベーカリー、コーヒーショップ、そしてキッチンスタジアムを思わせるバラエティー豊かなフードコートの数々。みなクオリティーが高いですね。福岡県民、いや九州人の“食”に対する探究心の深さを実感させられました。

2日目のランチは行列のできるうどん屋を選びました。ホテルからほど近いオフィス街の一角に行列を発見、11時30分の開店までまだ15分あるのに、行列はすでに60人を超えていました。私達はふだん5、6人待ちでも滅多に並ぶ事はありませんが、このうどん屋には興味がありました。紹介していただいた方の親切丁寧な説明によると、
「博多のうどんは柔らかいのですが、ここのはもっちりしていて、地元でもなかなか評判がいいですよ」
「店内は30人ほどの席があるので、11時50分頃には入店できるでしょう。それと、メニューは一番人気の『ごぼう天肉うどん』でいかがでしょうか?」
とのこと。しばし周りの客を観察します。7~8割の客はキャリーバッグを携えています。どうやらお隣の韓国から訪れたようで、尋ねてみると韓国のガイドブックには「福岡空港に着いたら、博多の『うどん平(たいら)』でごぼう天肉うどんのランチをまず食べましょう」と紹介されているそうです。

我々の前に並んでいた韓国の若いカップルやファミリー連れの方がキャリーバッグとともに店から出て来て、いよいよ私達も入店です。オーダーはもちろん『ごぼう天肉うどん』です。

着席して待つ事7~8分、「お待ちどうさま」と店員らしからぬ品の良い若年増の女性がニッコリと丼を目の前に置いてくれました。それではいただきます。スープをひと口すすってごぼう天を食べると……おや?

正直、期待していた味からは程遠い食感です。スープは薄口で讃岐っぽい味、うどんはもっちりとしていてそれなりにマッチしているのですが、ピーラーで削った極薄切りのごぼうの天ぷらは衣ばかりが目立ち、しかも作り置きなのか冷えて固かったですね。そして肉、これがいけません。丼の脇に沈んだ大さじ2杯ほどの牛バラ肉はうどんつゆで湯がいてあるだけなの?

店を出て開口一番
「ここのうどんは“醤油のぶっかけ”が合うかもしれないね」
「韓国人のお好みに合っているのかも」
「“かろのうろんや”で口直ししますかね」
「いやいや、夜まで我慢ですよ。今夜の浄水倶楽部が俄然楽しみだわ!」

 やはり、慣れない行列はするものではありません。
.

クロワッサンB.C.

雨期から乾期へと移りゆく狭間の11月上旬、タイ王国のプレジデント・ベーカリーを訪問しました。

DSC_5240.jpg 

タイ国民が崇拝してきたプミポン国王が逝去されて間もない市街は誰しもが黒い服で喪に服しており、表通り両脇の建物には壁一面に白黒の鯨幕が延々と掛けられていました。まるで空気までもが悲しみに耐えているかのように国王の死を悼んでいる様からは、いかに尊敬の念を集めていたかが窺い知れます。

それでも街中を包む喧騒は相変わらずで、ドアを開けたまま走る満員のバスやトゥクトゥクの三輪自動車、そして大混雑の中をすり抜けてゆくバイクタクシー、あちこちで鳴り響くクラクション。商店の前の通路には物売りの屋台と食堂屋台がひしめき合い、観光客も交えての大賑わい。悲しみにくれるばかりでなく、前向きに日々の生活も大切にする決意のようなものも同時に感じさせてくれます。

今回の宿はチャオプラヤ川沿いのシャングリラ・リバーサイドホテルで、あの有名なオリエンタルホテルの隣に位置するラグジュアリーホテルです。訪問の目的は、デイジイの倉田博和シェフがプレジデント・ベーカリーに招かれて開催する製パン実技セミナーの同行取材です。

前日仕込みを終えて明日に備え、夕食はホテル内の洒落たイタリア料理店で軽く済ませましょう……といきたいのですが、生ハムとオリーブがあるとワインが止まりませんね。

翌朝、迎えのワゴン車にてスワンナプーム国際空港近くのバンチャン工場まで往路約1時間で到着、応接室に通されると懐かしい友人達が笑顔で迎えてくれました。

「アプチャット社長、お久し振りです」
「スガタサンも、元気デシタカ?」
「僕は胃癌の手術を2回受けましたよ」
「ワタシも療養中デス」
「お互い養生しましょう。長い人生ですからね」
「ハイ、ソウデスネ」

笑顔でハグします。

「ハーイ、マリーさん! 元気そうですね」

プレジデント・ベーカリーのNo.2で気立ての良いマダム・マリー。相変わらず両手の指には高価な指輪と金無垢のアームリング、オートクチュールのスーツを着こなして笑顔でのハグです。

今日の実技セミナーの参加者は、製造の役員と責任者10名だけのスペシャルプログラムです。クロワッサンB.C.の焼き立てを試食したマリーさんの目が丸くなりました。

「ワンダフル!」

次々に焼き上がるパンの試食では、その形やデニッシュに合わせたフルーツのマリアージュの素晴らしさに誰しもが驚愕して感嘆の声を上げました。

そもそも3時間で15種類以上のパンを焼き上げる事だけでもアンビリーバボーなのに、この仕上がり様とくれば、今シーズンの広島カープの如く「神ってる!」としか言い様がありません。2017年にはさらに充実したセミナーの再開催を約束して、無事帰国しました。

倉田シェフ曰く

「プレジデントの食パンはクオリティが高いね」

私は十二穀食パンのおいしさに感動しました。
.

チョイ悪オヤジ

8月に医者の許可を得て久々となるハワイへ行った時のこと。

成田の免税店で、いつもは自分のお気に入りの化粧品を真っ先に買い物に出かける家内が何を思ったか、エルメスのショップに行こうと言います。私達には縁のないセレブ御用達ショップの店内には驚くほどの値が付けられた財布やバッグ、スカーフが華々しく展示されています。ほどなくして家内が、

「これこれ、すみません、サンプルよろしいですか?」

と店員に声を掛けると、何やら細い紙切れに液体を付けて渡してくれました。

「どう? 嗅いでみて。いい香りでしょう?」
「ウン。でも、どうして?」
「以前、ジブチ共和国の大使のお宅に伺った時、大使がつけていたコロンよ。私、この香り大好き!」

という訳で1万円近くする男性用コロンを1本プレゼントしてもらいました。こんな事、今までに一度もありませんでしたから、驚きであります。

ホノルル空港へ到着してレンタカーで向かう先は、お決まりのレインボードライブインです。照り焼きビーフとチキンカツ、マヒマヒのフライとライス、マカロニ、スライスキャベツが盛られたワンプレートに、とてつもなく大きいラージサイズのダイエットコーラをテイクアウトしてカピオラニパークの大きなバニヤンツリーの下にあるピクニックテーブルで、赤いトサカが可愛いレッドカージナルやスズメ、ハトに囲まれて久し振りの楽しいピクニックランチです。小鳥たちとランチを楽しんだらコオリナにあるフォーシーズンズホテルに向けて出発! ホテルに到着する前に家内が“ミンティア”をさりげなくくれました。何と気の利く家内でしょう。

ハワイでの楽しい10日間があっという間に過ぎて、日常生活の待つ日本へ帰国しました。と、ある日のある時、パッと頭にひらめいた事がありました。

「確かミンティアは頭をスッキリさせてくれるが、口臭を防ぐ事でも知られているな。待てよ、あのコロン、もしや加齢臭を隠すための“道具”だったのかもしれないな。いやいや、そんな事はない、毎日ジムに通ってスチームバスにもジャグジーにも入っているから心配はないハズだ」

胃癌で胃の3分の2を取ってポッコリお腹もなくなり、18キロも体重が減ったせいか、顔も体もひと回り小さくなったから

「あなたは生まれ変わったら少しお洒落したらどう? チョイ悪オヤジも悪くないわよ」

と家内におだてられてその気になって、外出時にはコロンを少し付けるようにしていました。


先週、パレスホテルでアンゴラ共和国の独立41周年記念および日本・アンゴラ友好40周年記念のレセプションが開催された時、久し振りにジブチ共和国のアリ駐日特命全権大使とお会いしました。お互いに駆け寄り握手とハグをして旧交をあたためると、しばし顔を見つめ合って大笑いです。

「ナイス・フレグランス!」

再びハグをして背中をポンポンと叩き合いました。2人のチョイ悪オヤジがセレブリティなマダム達とシャンパングラスを鳴らしてパーティーを大いに満喫する様を、家内は嬉しそうに見ているのでした。

レジェンド

フィリピンが生んだレジェンドボクサー、マニー・パッキャオ

11月5日にラスベガスで開催されたWBO世界ウェルター級タイトルマッチで1年6ヵ月ぶりに王者に返り咲きました。

誰からも愛される小さな巨人、マニー・パッキャオ。彼の人生は、その功績を称える世界各国のメディアのニュースを読むにつけ、グイグイと胸にこみ上げる思いがあるのは私だけではないでしょう。

「帰ってきたヒーロー」
「不屈のボクサー」

そんな愛称が似合う彼は、決して天才ボクサーではありません。自分らしく生きる喜びにあふれる勇姿を見せてくれる、努力の人なのです。その佇まい、一挙手一投足が彼をヒーローとして崇める子供たちに夢と希望を与えている事に間違いはありません。彼は幼少時、一日一度の食事もままならぬ極貧生活の中でボクシングに目覚め、ついにはライトフライ級からスーパーウェルター級まで実に11階級に挑み、6階級制覇を成し遂げるまでに至りました。この功績をもって唯一無二のレガシーとして語り継がれる事でしょう。

37歳での王者復活に、世界中のボクシングファンならずとも、誰しもが驚愕しました。LIVE中継のTV画面越しでも力強さとしなやかさを十分に感じさせる、小さな巨人が繰り出すパンチ。27歳のチャンピオン、ジェシー・バルガスとの10センチのリーチ差、10センチの身長差をものともせず、2度のダウンを奪い、12回フルラウンドの末、判定で勝利を掴み復活を遂げました。その勇姿は実に爽やかな感動を与えてくれました。

パッキャオの持ち味といえば左フックと右アッパーのコンビネーションですが、我らが小池百合子東京都知事はハロウィンのイベントでリボンの騎士の主人公・サファイアに扮して正義の剣を携えました。都知事就任以来、連日マスコミに登場する彼女は正義の剣を貫くために尽力されているようです。政財界に跋扈する魑魅魍魎たちに懐柔されることなく、正義の剣をパッキャオの拳の如く繰り出して活躍して欲しいものです。そして何よりも日本の食シーンを変えてしまった流通業界にも正義の剣を振りかざして、真のレジェンドとして称えられる事を希望します。
.

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
管理者用