コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

食パン1斤10円の値上げ

 企業決算の発表が始まっている。紙面では景気回復を受け増収や増益の文字が躍っている。しかし我々食品業界においては、特に加工食品メーカーの業績は総じて厳しい。人口減少や少子高齢化で総需要が伸び悩む中、長期に及んだデフレの波が引いた後でも、砂浜に残った貝殻のように低価格志向が残っている。各社は合理化で耐えているが、もはや限界の域に達してはいまいか。他業種では一次産品からの値上がりが末端価格に反映されつつあるようだが、我が製パン業界では原料メーカーの値上げ要請と、流通からの執拗な値引き攻勢に挟まれる格好で、製パンメーカーの身もだえが続く。原料メーカーにしても単なる右から左ではなく、自ら努力した上での要請である。これでは解決の糸口がないに等しい。
 4月に開催された弊社のコンペの席上、締めの挨拶でリョーユーパンの北村俊策社長は「食パンが10円値上げ出来れば、我々業界は変わってくる」とおっしゃっていたことを思い出す。確かに他の食品価格と比べればパン類は破格な安値が続いている。特に食パンは特売の対象となり易い。この辺で思い切って値上げを仕掛けていかなければ、一次産品業界と共に共倒れもしかねない。
 食の安全・安心が叫ばれる中で、いわゆるトレーサビリティーの確立を含めた対応で、製パンメーカーから原材料メーカーまで膨大なコストを掛けているのも事実だ。食を預かる使命感から各社は真摯に受け止めて対応しているものの、肝心の末端価格の低落傾向が続く状況下では、吐き出しだけが多く、魅力的な商品で消費者に貢献するという本来の仕事が行き詰まってしまう。パンの末端価格にこそ解決の糸口はあるのではないだろうか。
 その意味で、北村社長のご発言は貴重だ。

神の手

 1ヶ月程前の「世界ウルルン滞在記」というテレビ番組で、中国・桂林省の整体師が「神の手を持つ男」として紹介された。私は3年前より頚椎症からくる両手指のしびれに悩まされていたので、食い入るようにその番組を見ていた。桂林の診療所ではまさに奇跡を起こす瞬間を撮影クルーが追う。そして「神の手を持つ男」が来日して有名人に施術を行った。その感想はどれも最大の賛辞であった。私は番組が終了するとすぐにパソコンに向かい、「神の手を持つ男」の所在を検索するが、分からず終いであった。それならばゴールデンウィークを利用して直接桂林に行こうということになり、バンコク経由で広州に飛んだのが4月27日、到着後広州の知人に頼んで「神の手を持つ男」をやっと探し当ててみたものの、すでに半年後まで予約がいっぱいだという。テレビの力は凄まじいもので、ほとんどが日本人の施術ツアーの患者だという。6ヶ月先の予約を確認してひとまずバンコクへ戻ることにした。
 2泊3日の忙しい小旅行は私の体をさらにボロボロにしてくれる。やはり今回もバンコクのスリオンにある「有馬温泉パートワン」のマッサージ師126番に体をほぐしてもらうほかはない。2時間400バーツ(1200円)は昨年よりなんと120バーツ(360円)も値上がりした。ここにもタイの高度成長の兆しが感じられる。イタイ、イタイ、あぁ気持ちいい・・・と2時間があっという間に過ぎ、体は宙を舞うように軽いが、指のしびれはあいかわらずだ。10月に桂林へ行って完治することを夢みながら、仕事に励もう

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用