コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

ニューエリート

現在、問われている環境整備問題は、世界の貧困問題までもが関連付けられます。利益の出ている企業はその一部をNGOを通じてそれらの問題に役立てています。ケニアの当時環境副大臣であったマータイさんは"モッタイナイ"で世界的に高名な方で、ノーベル賞も受賞しました。彼女のグリーンベルト運動のNGO 活動は現在アフリカに緑を増やす事に貢献しています。緑といえば日本では岡田卓也さんが率いるイオン財団の、中国における植林活動はあまりにも有名です。
  個人ではビル・ゲイツ氏やマザーテレサさん。この方たちの事を、トランス・ヒューマンと呼ぶそうです。そう、「ニューエリート」の意味があります。これは個人による社会貢献事業への財産寄付や博愛精神による奉仕活動が、寄付のできるエリート層たちに共感を呼び、世界的規模のうねりとなって奉仕者としてのニューエリートが誕生しているのです。
  フランスの著名なエコノミストであり、NGO「プラネット・ファイナンス」の創始者、ジャック・アタリ氏は超過利得者の存在する社会から知識経済へと移行させる事を理念に活動していますが、これはまさに究極の奉仕活動ではなかろうかと思います。
  その仕事(プラネット・ファイナンス)の、ひとつの事例を挙げてみましょう。アフリカの小さな貧しい国の若者が小さなテントでピーナッツを売って生計を立てていたのですが、「プラネット・ファイナンス」の存在を知り、商品を増やしてもっと売上と利益を上げたいと、日本円にして10万円のお金を借り、玉子や鶏肉などの品揃えをしたそうです。これがあたり、見事に10カ月で返済して、テントも大きくなりました。利息は約11%。これはファイナンスの必要経費です。今までに1万件近い貸し出しに対して返済不能者は2%未満だそうで、ほとんどの人々がこれを利用する事により、働く生きがいと幸せを知ったそうです。
  今の私たちには何ができるでしょうか。少しでも世の中の役に立ちたいと信念を持って、できる範囲の中での環境問題の解決のために、自分自身を改革して将来を見直す事が重要なのではないかと思われます。

楽しいぞ! 今どきの屋台

  昨今、お祭りなどに出店する縁日屋台が注目されています。なにを隠しましょう、私は大の縁日屋台好きで昔からジャンクフードが大好きであります。焼きそば、タコ焼き、ソースセンベイ、焼きトウモロコシ、あんず飴、そうそう、このあんず飴はスマートボールでもらえる本数が決定するのです。子ども心にハラハラドキドキの一瞬でした。ソースセンベイはルーレットの真中から数字の上に糸で垂らしたハリが頼りなく止まるのですが、これがまた、スリルを伴って、大当たりの50枚でも当たろうものなら大騒ぎです。ソースをべったり塗ったセンベイが50枚ですよ。得意げに友人に1枚ずつ振る舞ったものです。
 現在の屋台は様変わりしていますね。射幸心を煽るものは少なくなり、世界レベルでの"食の祭典"を感じさせられる様々な屋台が目を、舌を楽しませるものになっています。グルメブームなんですね、屋台の世界も。 私の選んだ縁日屋台のベストスリーをご紹介しましょう。
 3位「カリッとパスタ」。大きな鍋の中に張った揚げ油にごく普通の乾燥パスタを放り込み、揚げたてのパスタにスパイスをふりかける。それだけ! 我が家では生そばを油で揚げて塩を振って酒のつまみにしていますが、「これがパスタとは!」。長いまま4、5本持ってポリポリと食べますが、この食感がたまらない。ありそうで無かった、たぶん屋台のおかみさんのアイデアでしょうね。
 2位は「まんまる餃子」こと包餅。いわゆる肉、野菜入りのおやきですね。餃子のお化けであります。コナモンは屋台の必需食材ですね。
 1位は「オムレツ・フランク」。ドイツ屋台の直輸入です。フランクフルトを温めておいて鉄板に生玉子を割り、つぶして広げます。とろけるチーズを回し入れ、ケチャップとマヨネーズをかけてフランクを真中に入れ、くるみます。私にとってこれはジャンクフードオブキング賞を捧げたい一品です。
 忙しい日常を離れて孫と行く非日常の縁日屋台。見ても食べてもこのジャンクフードは心を癒してくれます。

肩の荷が降りた

  いやあ、やってくれました。ファーストキッチンさん。"あっぱれ"でございます。4月21日付の日本経済新聞に掲載されました「ファストフード店で一杯」の記事。午後6時を過ぎると、ワインやビールなどアルコールを販売するのだそうです。 ここで紹介されたのは渋谷宮益坂店だったのですが、行ってきましたよ。小洒落た明るいお店で従業員もハキハキとしています。早速ハンバーガーとビールを注文しました。
 私は若い頃、ハワイに4年ほど住んでおりましたが、やはりハンバーガーにはビールでしょ! フレンチフライでしょ! 何か物足りなかったんです、今までは。テイクアウトして家でビールでも良いのですが、雰囲気がいまいちではないでしょうか。学生時代には六本木ロアビルの前に「ハンバーガーイン」なるレストランがありまして、この頃はカウンターの上に吊されたポテトチップの小袋を自分で取って、必需品のケチャップとマスタードにつけて食べ、ビールを飲みながらハーフパウンドのハンバーガーにガブリついていたのが、つい昨日のような気がします。
 どうして日本ではハンバーガーショップやファストフード店でビールを飲めないのかとても不思議だったのですが、これで、何か私個人の問題なのですが「肩の荷が降りた?」感じです。
 いや"あっぱれ"ファーストキッチンさん、たぶん他のファストフード店でも右へ倣えとばかりに続くと思うのですが、くれぐれも未成年者への販売には気を使ってもらいたいと思います。また、"酒場"になってしまってもいけません。課題は山積みだと思いますがニューファストフード店の誕生は心から拍手です。

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用