FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

そうだ、ダル湖へ行こう!

パテック・フィリップ社から送られてきた会員誌をパラパラとめくっていると、懐かしい風景のカラー写真に思わず目が止まり、テクストを読む。

「夢が浮遊する伝説の地」というタイトルにリードが続く。

平和と官能的な美を併せ持つカシミールは、20世紀にいくつもの国が領有権を求めて争う状況に陥っていた。現在、この地上の楽園には平穏が戻りつつあり、冒険心溢れる旅行者たちは、カシミールの夏季の州都であるスリナガルの湖畔に佇む、非常にロマンティックなハウスボートを再び訪れることができるようになった。
 
40年ほど前、バックパッカーだった私はスリナガルのダル湖に建つハウスボートホテルに1週間ほど滞在した。鏡のような湖面にせり出すハウスボートのデッキでぼんやりしていると、シカラと呼ばれる小さなゴンドラが近づいてくる。オールを操って陽に灼けた老人が音もなくスーッとボートハウスのヘリにある階段下にシカラをつけると、私に手招きをした。老人は小さな皿に細くて赤いものを数本のせて、湖の水をすくい、混ぜてみせる。言葉は通じない。

その瞬間、小皿の水が見事なオレンジ色に変わった。

「サフランだ!」
買って下さい、と身振り手振りで私に促す。「いい記念になりそうだ」と財布を見ると、日本円の千円札しかない。1枚を老人に手渡すと、首を傾げながらも握り拳ほどのサフランが詰まったビニール袋をくれた。翌日、湖を眺めていると、また違うシカラがやって来た。今度は老婆が手招く。そこで買ったのが、見事なまでにカラフルな刺繍が施されたベッドカバー(?)。いくら支払ったかは覚えていないが、今でも我が家にあり、時折ベッドカバーとして使用している。

ビートルズのジョージ・ハリスンは、このダル湖のボートハウスに6週間滞在してシタールの演奏を学んだという。その後、4人揃ってヒゲをボウボウとたくわえた彼らの楽曲が微妙に変化していった事に気付いたのは僕だけではないだろう。

日本を代表する作家、三島由紀夫氏の絶筆となった「豊饒の海」最終巻を書き上げたのもやはりダル湖滞在期間中と後に知る事となり、驚かされた。最後の原稿を出版社に送った直後に自衛隊市ヶ谷駐屯地での演説・割腹自殺へと帰結したのは、神秘性溢れるこの地で、彼なりに“何か”を悟ってしまったからなのかもしれない。

平穏と静寂に包まれた夕暮れのダル湖に、イスラム教のサラート(礼拝)の時を知らせるムアンシンの声が湖上を走る。徐々に思い出す懐かしい風景は、どれも素晴らしい光景だった。

「そうだ、ダル湖へ行こう!」
2019年のコラムはここで書く事にしよう。

インドには、行こうと思っただけの人は行けないのです。
呼ばれた人しか行けないのです。

40年前に日本で知り合ったインド系シンガポール人の言葉だ。



ミニかきあげ天丼

自分の命のことで何を食べようか 何を着ようかと思い悩むな 
命は食べものより大切で 体は衣服より大切

聖書・マタイによる福音書 6章 23~34節に書かれています。
 
しかし、何という事でしょう。私は今日何を着ようか、今日のランチは何を食べようかと毎日のように思い悩んでいます。もちろん聖書の御言葉は“欲望”を叱っているのではなく、思い悩む前に自分の命の事を考えなさい、それはどのようにして得たのか? 命は神様からの賜物の解釈を例えて教えてくれているのです。が、冒頭の言葉は身に染みるものがあります。衣・食への欲望は限りなく、大きな気持ちが自身の中心にある事を!

我が身を戒めるかのように御言葉を少しだけ思い出しつつ、今日は日本橋三越の地下食品売場へ一人で出張りました。時は13時半、全摘した“幻の胃”なのか小腸なのか、少し小腹が空いたようです。明日のディナーはNOBUだから今日は鰻かなぁ~などとイートインのコーナーを歩くと、すでに10人ほどの列。ならば隣の山の上ホテルの天ぷらをと足を向ければ、運良く空いていた2人席のテーブルに通されました。

いつものようにメニューを開いて思い悩んだ末、少量のミニかき揚げ天丼に決定! 左隣のご老人3人組も、女性2人が私と同じ“ミニ”で男性は普通の天丼をオーダーしていたらしく、私も着席したらすぐにサービスされました。

と、ここで事件が! 奥に座るおばさまが、かきあげの中から小海老をひとつずつ丼のフタに移しています。

「あら、どうしたの?」

もう一人のご婦人が尋ねると

「私、エビが苦手なの」

ありゃりゃ、ミニかきあげ天丼の具材は小海老とイカだけですよー。と思った矢先、ご主人の漬物皿を手に取り、自分の丼に全てのせて食べはじめました。どうやらご主人は漬物が苦手みたいです。結局最後はフタに山積みとなった小海老には誰も手を付けることなくお勘定です。この御老人もまた、あれやこれやと思い悩みつつ、“イカ天とお漬物丼”を承知の上でオーダーしたのでしょうか。

命を創造していただいた賜物の御言葉なのに、食後に「さて、今夜のおかずは何にしようか」と惣菜売場で一人思い悩みながら、内なる葛藤を続ける私でした。

庶民の町・百人町

渋谷は住む町ではない。

杉並の下高井戸から渋谷東急百貨店・文化村のすぐ近くに引っ越したのは今年の2月、わずか半年あまりで結論が出てしまいました。

「松濤」という町名のブランド性、何より渋谷の繁華街がすぐ近くにあり、買い物や食事、そして通勤にも便利な上、住まいは赤レンガ造りの低層階マンション。セレブな街並みに溶け込み、“松濤の住人になった” という誇りすら感じられました。

しかし。
イメージにたがわぬ閑静な街並みの松濤に不満はありませんが、何をするにも「渋谷駅」へのアクセスを回避することはできません。

世界一有名な、あのスクランブル交差点を通るたびに、センター街や道玄坂などの喧騒に足を踏み入れるたびに、渋谷の町が好きではなくなってきている自分に気づき始めたのです。レストランはたくさんあるのですが、ほとんどがB級のジャンクグルメ。まあこれは許容範囲内です。私自身、高級志向のグルメよりもジャンクフードが好きというのもあります。ケバブやタコス、各種ハンバーガー店、カレー屋さんに立ち食いそばなど。ただし、チェーン店が多いせいか客層が若過ぎる。

それと土日祝祭日に限らず、平日も人・人・人であふれかえっており、すれ違う人々の会話は中国・韓国はじめ様々な言葉が飛び交っています。なるほど世界中から渋谷の町とスクランブル交差点を目指して訪れ、昼夜を問わずごった返しているわけです。夕方になれば制服姿の女子高生をはじめ、多くの “お客様” が渋谷のハチ公口から降り立ちスクランブル交差点に佇み、大きな3つのビジョンをボーッと見上げてダラダラと “ファジー” に歩き回る。そんな雑踏に紛れて杖をついて歩くのはちょいと骨が折れるのです。

そんな中で、東急百貨店本店内は私にとってちょっとした “オアシス” であります。というのも、客がまばらな上に私と同年代のお年寄りがほとんどなので時間がゆったりと過ぎていきます。

地下のカフェでコーヒーとソフトクリームを楽しんでから食品売場を “徘徊” するのがお決まりですが、食事はおすすめできません。引っ越し直後から毎日のように試し続けて全店を制覇したのですが、残念ながら期待に応えてくれる店は一軒もありませんでした。日本橋三越新宿伊勢丹内のレストランや食品売場には行くたびに発見があって超満足するのですが、東急本店にはどうしてこうも物足りなさを感じてしまうのでしょうか。



決め手はお察しの通り、先日のハロウィンでした。

なんじゃこりゃ!

それまでにも「今日はひときわ賑やかだな」という日は何度となくありましたが、ここまでのバカ騒ぎには驚かされました。やはり住む町ではないと悟った瞬間でした。

という訳で即断即決、新宿の百人町へ引っ越しが完了しました。山手線の新大久保駅と総武線の大久保駅、どちらへも徒歩5分。25階建のタワーマンションの14 階、南西角部屋から見渡す景色は上々で、大きな富士山と美しすぎる新宿の夜景が楽しめます。ベランダから見下ろせば山手線や湘南ライナー等が子供の頃に憧れた鉄道模型のように行き来しています。

これ以上の終の棲家は今のところ考えられません。子供や孫が、何より私と家内も大好きな食べ物がいっぱいのコリアンストリートへも徒歩3分と申し分ありません。

決して閑静ということではなく賑やかさもありますが、渋谷の喧騒とは趣のまったく違う “庶民の町・新宿百人町” の活気は好きになれそうです。


肝に銘じる

「日産のカルロス・ゴーン会長を逮捕」

あまりに衝撃的なニュースが全世界に速報されるやいなや、様々な意見がネット上を飛び交い拡散し、メディアでも賛否両論よろしく連日コメンテーターがニュースやワイドショーで激論、というかここぞとばかりに批判しています。

正直なところ “所詮は他人事” という気分ではありますが、一方で日産に関わる多くの方々にとってはたまったものでは無いですね。長年にわたるワンマン経営の弊害、典型ではないでしょうか。平家物語の冒頭にある「祇園精舎の鐘の声……」そのものですね。「おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ」。まさに古今東西を超えた真理なのでしょう。

チャップリンの名作「殺人狂時代」のセリフにある「一人の殺害は犯罪者を生み、百万の殺害は英雄を生む」。ヒトラーやレーニンに代表される独裁者も栄枯盛衰の中で称賛を浴びる瞬間があることを揶揄しています。こうした過去の失敗から学んでいるはずの現代でも、世界中で独裁国家が横行しているのも事実ですトランプさん、大丈夫ですか?)

社会には「秩序」が大切です。それを規律を以て守り、理性を得る一つの方法が宗教による教えではないかと思われるのですが、如何でしょうか? 無宗教でノンポリな人も自身の理性をコントロールできるのは、大なり小なり我が心身を自ら律する “一人の宗教者” だからと考えるのは私だけでしょうか。

今年の流行語大賞にノミネートされたキーワードの中では「第三者委員会」が面白いですね。“企業のコンプライアンス” の一言を、さながら紋所のように奉り崇めたてて一時しのぎに腐心する企業のなんと多い事でしょうか。しかし企業ブランドを守る唯一の方法なのも間違いありません。

あっという間に2018年も師走を迎えます。2019年には平成が終わり2020年には東京オリ・パラの開幕、そして2025年の大阪万博と、日本国家の忙しくも晴れがましい大行事が続きます。

素晴らしい日本ブランドを世界に発信するために、肝に銘じましょう。
「おごれる人も久しからず」と。


弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用