FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

食パンは主食

 食パンは日本の食品業界を活性化させる起爆剤です。ご存知のように、サンドイッチにすればハムやチーズ、卵、野菜などが具材として買われ、その調理方法は、消費者によって千差万別であり、無限に広がります。牛乳やコーヒー、紅茶も同時に消費されます。トーストでは、バターやマーガリン、ジャムを始め、ふりかけや各種スプレッドも各社各様に、様々な商品が販売されています。しかし、最近の若者はコンビニやスーパーで調理パンや菓子パンを食事時間に関係なく買うようになりました。「食品の流通が食生活を変えた」といっても過言ではありません。これによって、食パンの需要はこの10年程でも20%程落ち込みました。
 大手製パンメーカーにとって、食費者の食卓に直結している食パンは、メーカーにとっては生命線とも言える重要な位置をしめています。これにより各社は必死になって消費者のニーズに合った食パンを開発してきました。そして、それをブランド化することに全力を注いできた結果が今日流通の棚に並ぶパン群です。
 それは消費者のニーズはさまざまであるという事です。
 しかし現実は、その開発費用、安心・安全への設備投資、原材料の高騰などにより、製パンメーカーの身を切る思いのリストラ策も万策つき果て企業の利益を逼迫してきました。それに加えてこれからは、少子化問題などで日本人の胃袋は確実に減少していきます。その対抗策として、生産性を向上させるための設備投資が必要となってくるでしょう。政府売り渡し麦価の改定により、製パンメーカー各社では12月より8~10%の値上げを発表しましたが、来春は更なる大幅な引き上げが予想されます。
 先程も申し上げましたが、食パンは消費者の食卓に直結している主食であり、食品に関連する企業は食パンの運命に身をゆだねているのです。
 一日も早く正常な値上げができる事を願ってやみません。

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用