FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

資質

 誰もが同じ資質を持っているとは限らない。同じ様な顔をしていても、同じ体型でも、性格も運動神経も、趣味も違う。
人材を育てることはどの企業でも最も重要な課題の一つである。なによりも他の人と異なる点や平均値より少しでも飛び抜けている能力を知り引き出すこと、これが難しい。一方、ほっておいても信じられないスピードで仕事を覚え、ビックリするほどのアイデアを駆使して、今までは予想も考えもつかなかった事を平然とやってのけてしまう人もいる。このような人は“天才”であろう。
ところがこの“天才”という”生まれもった資質“をもった人が巷にゴロゴロころがっている。しかし成長とともにその才能も埋もれてしまい、脳細胞の奥深くで眠っているらしい。
 まず企業はこの“資質”を引き出すことに取り組む必要があると私は思う。おざなりのマニュアルで接客や営業、企画のイロハを叩き込んでいるようでは、マニュアル通りのクローン人間しか生まれない。人間の視力の上限は2.5とされているが、実際には20.0まで測定可能なのはご存知あるまい。決められた上限で検査は終了する。就職戦線も活況を帯びてきた。来年採用の人材はいかにして”資質“を引き出せるか、それが企業繁栄のカギを握っている。人事担当者はうかうかできない。

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用