FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

アンビリバボー

ミドルホールの第2打を、私は迷いもせずに7番ウッドを手に160ヤード先のグリーンへ向かってパートナーのアドバイス通り、軽いスイングを心がけてフィニッシュを決めると黄色いカラーボールは雲ひとつない夏空へ舞い上がりました。
 8月30日火曜日。この時期には夏日というのに珍しく、涼しい風がコースを吹き抜ける絶好のゴルフ日和、最後の夏を惜しむかのような蝉しぐれを浴びれば、トンボがつがって空を舞う。そんな中、3人のパートナーは絶好調でショットにムラもなくフェアウェイの中央を悠々と進むのですが私にはそんな余裕はありません。「今日はやけに左にひっかかるよー」と友人に愚痴をこぼすと、「アドレスでは右足を少し後ろに引いてごらん」とのアドバイスを受けて、自己流を捨て素直に聞き従うことにしました。そして、私は〝運命の一打〟を放つのです。
立野クラシックゴルフクラブ17番ホール。レギュラーティーからピンフラッグまでは365ヤード、パー4のミドルホールは、左に強いドッグレッグのコース。ショートカットでグリーンを狙うには200ヤード先の背の高い林を超えなければならず一般ゴルファーには無理な訳でありまして、まずは右バンカー脇のセンター220ヤードくらいに落とすのがベストよ、とキャディさんに言われ、精神を集中した私はドライバーを手にティーグランドに立ちアドレスに入ります。もちろん、友人のアドバイス通りに右足を少し引いて、トップからゆっくりと〝力〟を抜いて振り下ろすと、打球は狙い通りにバンカー脇220ヤードのフェアウェイにドンピシャリと着地したではありませんか! パートナーとキャディさんから「グッド・ショー!」の祝福です。私は久々にフェアウェイセンターを横綱歩きです。第2打地点からグリーンはピンまで160ヤードとキャディさんが囁きます。今日初めてのパーオンでも狙ってみますか。「右足を少し引いて、力を抜いて、振り下ろす」自分に言いきかせながら軽く振りぬくときれいにフィニッシュが決まったではありませんか!またまた「グッド・ショー!」
 黄色いカラーボールは一直線にゆるやかな放物線を描いてグリーンを目指します。そしてグリーン手前に落ちたボールは2~3度バウンドしてグリーンに乗り、ピンへ一直線にころがり視界から消えました。「アー、消えた! 消えたよー!」「エッ、ウソー!?」「ヤッタネ!イーグル?」みんな大騒ぎです。でも、あまり実感がわきません。皆のプレーを見守りながら、グリーンに一緒に上って小さなホールを見下ろします。「黄色いボール、あったあー!やったね!」ここでジワジワーと感動がわき出てきました。ミドルホールでイーグル達成!
 今年の後半は、まぐれで二つの良い事が起こりそうです。

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用