FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

イミテーション

 映画〝二〇〇一年宇宙の旅〟のロケ地としても有名なハワイで3番目に高い3千m超えのハレアカラ火山の直径11㎞、深さ8百mの巨大なクレーターからサンライズを見ようと家内とレンタカーで登ってきたのはいいのですが、雨交じりの強風に車が飛ばされるのではないかと困惑する中、やはりサンライズは見られずに這う々の体で下山したのですが、下界は常夏のハワイでした。「それにしても山登りの前に買い求めたチョコバナナマフィン、おいしかったね」「帰りは店じまいしていたので買いそびれちゃったわ」「今まで食べたマフィンの中で3つ星の味だったね」「あまーいバナナのフレーバーに少しビターなチョコがマフィンの中でいい感じにコラボしてたわ。明日もう一度来ない?」「バカ言うなよ。朝の3時はきつ過ぎます」。どなたか、ハレアカラのサンライズを見に行かれる方は登山道の手前の移動販売車で温かいコーヒーとマフィンを買って、ぜひ試してみてください。サンライズが見られなくてもチョコバナナマフィンがあなたをきっと癒してくれることでしょう。
 日本に帰国する前日の夜、私の友人夫妻と一緒に中国料理を食べにアラモアナホテル2階のレストランへ繰り出しました。お目当ては飲茶のショートリブ、北京ダック、そしてフカヒレスープです。ところが、ところがですよ。ショートリブはお昼しか作っていない。北京ダックは皮に塗りたくった油がきつい、甜麺醤がなく、しかも包むのはピンではなく蒸しパンという体たらく。フカヒレスープに至ってはイミテーションシャークフィンですよ。意味わかります?イ・ミ・テーション。なんとハワイの法律では本物のフカヒレはご法度なのだそうです。理由はフカヒレだけ取ってあとは捨てるから。これは虐待だ!ということらしいのです。じゃあ鯨は捨てるところなく食べているのにどういうこと?シャークにさわります。ということで中国料理は日本に帰ってから以前にリョーユーパングループの北村会長に教えていただいた六本木の中国飯店に食べにいくことにしましょう。ここは全てが本物です。

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用