FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

行列

 3年に一度、ラスベガスで開催される“ベーカリー・エキスポ”に合わせて、ニューヨークへ立ち寄った弊社企画の研修旅行の一行21名はエイミーズブレッドの新工場へ直行して大歓迎を受け、新工場視察とご自慢のサンドイッチやオリーブの乱切りを入れた新作の細長いバゲット(これすごくおいしい)やカラフルな甘~いケーキをいただきながら、ニューヨークのパン事情など貴重なレクチャーを受けました。最後にエイミーさんに「今流行のクロナッツやカナダから入ってきたジャパドッグはいかがですか?」と質問すると、「あまり興味がないからわからないわー。並んで買う時間もないしね」とウインク。それは何を意味しているのか。3日後、両店に立ち寄ってそのウインクの秘密を理解しました クロナッツを販売している店は数年前まで日本人経営のベーカリーだったそうですが、退店したあとにこのベーカリーが入店して、今年の春に売り出した“クロナッツ”(クロワッサン生地で作ったドーナツにさまざまなトッピングを飾る)が大当たり。今でも早朝より行列ができるその訳は一日、300~400個の限定販売にありました。開店わずか1時間で売り切れるうえ、週に一度ある予約電話も繋がらない、いわゆる“パニック販売”ですね。商品も見た目で味の見当がつくような、カラフルなトッピングのいかにも甘そうなのはニューヨーカー好みなのでしょう。

 “ジャパドッグ”はカナダで日本人夫婦が始めた創作ホットドッグ店で、帰国後の10月21日にテレビ東京系の「未来世紀ジパング」でも特集されていました。カナダで成功して、昨年満を持してニューヨークに出店した際に「全米制覇を目指します」とコメントしていました。私たち一行は土曜日の昼頃に、早速「ジャパドッグ」なるものを食べに訪れたのですが、行列どころかひっそりとした店内だったのが意外でした。メニューにはお好みドッグや焼きそばドッグ、おろしドッグなど、名前の通りにホットドッグの上に大根おろしなどアンバリーバボーな食材がのっかって1本約4ドル75セントです。皆と分け合いながら試食してみました。「ソーセージはおいしいね!」「でも、このパンはなんだろう? 甘いし、ベッチャリするし」「セントラルパークあたりの屋台のドッグパンと変わらないね」「創作ドッグはすき家の牛丼にカレー丼の具や焼きそばがのっかっている、アレに発想が近いね」というほぼ全員の評価でした。ちなみに未来世紀ジパングのインタビューでは「パンの開発に6カ月を費やしました」とのコメント。
……エイミーさーん!?

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用