FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

人間万事塞翁が馬

 それは突然の出来事でした。

 私たち夫婦の寝室の隅には愛犬用のトイレ専用ゲージがあり、吸収力抜群のシートが敷いてあります。夜間頻尿症の私は2時間もすればトイレに起きるのですが、土曜日の明け方前の時でした。仄暗い部屋の中で何やら異様な雰囲気をその時は感じ取りました。いつもと違う何か。
 照明をつけると「アッ!」トイレシートが血の海です! なんとした事なんでしょう! すぐさま愛犬を探せば、普段となんら変わりなく、私のベッドの下で眠そうな顔で尻尾を振って見上げます。とっさにお腹をさすると、パンパンに膨れているではありませんか。家内も起きて、この状況にパニックです。
「血が血が、すごいわ!」すぐに24時間体制のかかりつけの獣医さんに連絡すると、あす日曜の朝9時過ぎに来院するようにと言われ、そのまま熟睡できずに愛犬の頭を撫でながら夜を明かしました。

 病院に行く前のお散歩でも血尿は止まらず、どんどん血色が濃くなっているようなので、慌てて病院まで車を走らせます。
「先生、どうですか?」「ウン、膀胱炎でしょう。レントゲンと採血をしておきますので、しばらくお待ちください。悪性の菌が検出されなければすぐ良くなりますよ」。先生の説明にホッと胸をなぜ下ろしガラス窓の外を見れば、駐車監視員が違反切符を私の車のフロントガラスに貼っているではないですか!
「ちょ、ちょっと待って下さい!」。状況を説明してもらちが明きません。貼った時点で違反は成立なんだそうで、お手上げです。違反切符をよく見ると〝放置車両確認開始 09:55分 日時11月10日09:58分〟
「うー、3分で反則金か~」。3日前に右足を骨折した家内が松葉杖をついて病院から出てきました。
「しょうがないわね」と2人は頷き合って、家内は先生の結果報告を聞きに再び院内へ、私は車で待機です。
 
「膀胱炎はこの薬を一週間服用させれば治るって。レントゲンと採血の結果も良好だそうよ」。「それは良かった」。
よくない出来事が続きましたが、幸いにもすべてが大事に至らなかったのは何よりです。

「すべての〝禍〟は駐車違反で厄払い」と前向きに捉えれば、次は〝福〟が訪れて来る事でしょう。
〝人間万事塞翁が馬〟と、いきますか。

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用