FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

知恵者

 普段は引き出す事のない物入れの奥の棚を整理していると、懐かしい“知恵の輪”が出てきました。繋がっている2つの金具を外すパズルです。どれどれ、とばかりにカチャカチャと回してみても、引っ張ってみても外れません。試行錯誤を5分間ほど繰り返すも、すぐ飽きてしまって棚の奥にふたたび放り込んでしまいました。おそらく貰った時もこうして仕舞い込んだのでしょう。何はともあれ、むずかしい! そして何と根気の無い事か。知恵の輪って知恵を使ってパズルを解く訳ですよね。「知恵」。知恵ってどういう事なんでしょう? 何だか妙な方向に頭の回転が迷走します。パソコンを開いて辞書でその意味を改めて調べてみました。“物事の道理を判断して処理してゆく心の動き。物事の筋道を立て、計画し、正しく処理してゆく能力”「なーるほど、私には知恵が足りないという事なのか!」と妙に納得してしまいました。
 
 他にもこんな“知恵”をよく使いますね。【浅知恵】(浅はかな知恵)、【猿知恵】(悪い事によく働く、いわゆる悪知恵)、【入れ知恵】(他人に知恵をつける。多くは悪い事にいう)。友人のふりをして、けしかける人、いますよね。【知恵者】(知識を応用できる者。知恵を働かせる事ができる者)。毎週日曜日の午後8時から放映されているNHK大河ドラマ「黒田官兵衛」。こういう人を“知恵者”と言うのでしょう。いっぽうニュース番組のコメンテーターなど、知識をたくさん知っているだけの人は“知識人”と呼ぶそうで、その知識を応用できなくては、ただの“物知り”なだけです。

 旧約聖書の箴言十六章十六節に

「知恵を得る事は黄金を得るよりはるかに優る
           悟りを得る事は銀を得るより望ましい」

とあります。敬虔なクリスチャンのシェイクスピアは「愚かな知恵者になるよりも利口な馬鹿者になれ」と道化師に語らせました。なんだか深いですね。凡人の私は“知恵の輪”から根気よく始めるのが肝要かも知れません。

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用