FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

五島のアワビ

「微熱があるみたいなんだけど、どうかな?」

すると家内は互いのおでこを当てて「ないわね」と、ソファに乗ってきた愛犬をなでながらそっけない。

「鼻水と咳がとまらないよ」

と言えば、

「風邪を引くのは自己管理がなってない証拠ね」

と切り返されました。

いやあ参りました、これは昔からの私の口癖でしたから、家内に一本とられてしまいました。

最近、体のあちこちが悲鳴を上げ始めてきました。風邪のような症状もそこから連鎖反応しているのかもしれません。医者から処方してもらった神経系統の治療薬はネットで調べてみたら悪い副作用が全て当てはまったので服用を中止したばかりです。ですからビリビリと手足がしびれて坐骨神経痛も再発してしまいました。

痛みは連日の晩酌も一つの原因かもしれないな、と「当分アルコールは控えてみるか」と思った矢先、わずか3時間足らずで卑しい私の欲望が覚醒してしまい、禁酒の誓いが破られる出来事が起こったのです。

「お届けものでーす」

発泡スチロールに梱包された宅配便を開けた瞬間、思わず歓声を上げてしまいました。「オー!」。それを聞いた家内が「何事なの?」とやってきたので蓋を元に戻して「開けてごらん」と促すと「ワァー! すごく大きい!」と目をクリクリと輝かせました。それは五島列島に実家がある友人からのサプライズプレゼントでした。5百グラムを超える特大の黒アワビが7個。さらに下の段には、私のこぶし大ほどの巨大サザエがビッシリと並んでいるではないですか!

アワビの刺身にサザエの壷焼きといえばビールと日本酒ですよね。さっそく孫たちを呼んで“五島の磯祭りディナー”のはじまりです。「こんなに大きなアワビは見たことないわ」という娘の一言、贈ってくれた友人に聞かせてあげたいですね。大盤振る舞いで1㎝ 超えにスライスしたアワビを、キモと生姜と仙台味噌をまな板でたたいたキモダレをたっぷりのせていただく私流の食べ方でまずは一口。キリッと冷やした村祐“夏の生酒”と共に味わえば、体の不調はどこへやら。一度やってみたかった特太ブツ切りのアワビ刺しは至高の絶品で、コリコリとした食感と磯の香りが鼻に抜けて「もうたまらん、いうことなし!」

さて明日は物置から囲炉裏を引っ張り出して、壷焼きと炭火の踊り焼きで、父の日にもらった地ビールを頂く事にします。というわけですから、風邪どころか痛いイタイと言ってみても、誰も心配してくれないのは仕方ないことです。

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用