FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

どら焼き

㈱マスダックのPR刊行誌『マスダックニュース』558号を読んでいて
同社のモチベーションの高さを改めて感じました。

「グローバル化の条件」と題して巻頭に増田文治社長が自論を展開し、
こう結んでいます。


「今後の経済成長の進展によって、かつての日本のように全国民が中流意識を持つ国が世界中で増加するのは時間の問題であり、そこへ日本で発展した菓子産業を広めていく可能性があると思われる。現地の事情に合った、日本独自の菓子生産技術の開発を進める事によって、当社は世界中の人々においしい菓子を食べていただいて幸せになってもらえるように努力する」


あくまで同社独自の生産技術にこだわる姿勢を貫き通す“メイド・イン・ジャパンの仕事”で世界へ発信する企業姿勢は今日、海外で開催される展示会への積極的な出展により世界各国へと広がりつつあるように思われます。

大相撲の豪栄道関が大関に昇進した際、使者に対して「大和魂を貫きます」と挨拶したその言葉こそ、日本人としての我慢強さや潔さを意味するところであり、同社の気概と一致しますね。

1957年に同社の前身である新日本機械工業が誕生して2年後の1959年に革新的な全自動どら焼き機が世に登場して菓子業界を席巻した事は一般にはあまり知られていません。が、創業者の増田文彦氏は「明るく笑顔に満ちた生活空間や円滑な人間関係づくりに貢献したい」と、並々ならぬ苦難と困難を乗り越えて“日本人の技術”による菓子の機械づくりに夢をふくらませました。その意思は2代目へと受け継がれ、今では世界各国へメイド・イン・ジャパンの技術として大型生産ラインが輸出されています。

企業のグローバル化は現代の経営において最重要事項ではないでしょうか。日本の戦後復興は持ち前の勤勉さと大和魂により驚異的なスピードで超技術大国へと成長しました。その思いをさらに広げて、グローバルな仕事で世界中の人々が幸せになるなんて、なんだか素敵ですね。未来からやってきたドラえもんも、どら焼きが大好物というのも、子供たちの夢をふくらませます。

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用