FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

明るい告知

小腹が空くと腹が少し痛いな。食べると食道の通りが悪いのか…でも胸を叩いて水を飲めば少し治まるな。そういえばタンの切れが悪いのか、老人特有のシワガレ(シワブキ?)声が気になるな。エホン! エホン!

かかりつけのクリニックに電話で症状を伝えると、

「前夜から食事を抜いて、明後日に来院しなさい」

と言われ、当日は診察室の隅にある小さなベッドに寝かされ採血されてから胃カメラを飲み終えて点滴を受けていると何やら院長室が慌ただしい。

「ハイ、ハイ、12時でお願いします」

続けて

「副院長のご都合は来週いかがですか? ハイ、ハイ。では火曜日の10時半ということで、ハイありがとうございます」

新婚ホヤホヤの馴染みの看護師さんが点滴を外しに来たので

「何かあったの? 急患?」

と尋ねると、呆れたように

「菅田さん、どうしてここまで放っておいたの? 大変ですよ!」

と、愛の睨みでプンプンしています。すかさず院長がやって来て

「オイ、胃癌が見つかったよ。5㎝ はあるぞ」

「ド、シェー、先生、ストレートだね。今時の癌告知って、こんなもんなの?」

「隠したって仕方がないだろ、癌は癌だよ。それより、有明の癌センターの消化器系癌の最高権威の副院長に紹介状を書いたから来週行ってきなさい。あっ、それから、今からすぐCTスキャンに行きなさい。予約はとってあるから」

院長が大声で
「ピロリ菌どう?」
と新婚さんに尋ねると、
「ハイ、陽性です」と大きな声で返ってきました。

「処方箋出すから、まずピロリ菌を殺さないとな」

「ハイ、では行って来ます」

なんだかキツネにつままれたような不思議な感覚で渋谷からタクシーで赤坂へと向かい、CTスキャンを行い、スキャン結果記録が入ったCD-ROMを持って再び渋谷のクリニックへ、とって帰った。

PCの画像を見ながら院長先生が

「こりゃ悪性だな。胃はだいぶ切除されるよ。とにかく痩せるから、いいんじゃないの?(笑)」

それにしても今時の癌告知は明るいんですね。今でも信じられぬ思いなのですが、その後癌センターの胃カメラで大きな腫瘍のサンプルをつまんで採取しているTV画面を「オエー」と呻きながら見た時にはさすがに実感しました。

「私は癌だ」と。

2日かけてすべての検査を終え、入院と手術日が決まりました。では、神の手を持つ日本一の先生に身を委ねる事にしましょう。行ってきます。

.

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用