FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

豊かな食卓

㈱リョーユーパンが開催する「ベルギー・オランダフェア」
弊社記者が先週、福岡へ日帰り取材してきました。

社に持ち返ってきたフェアのパンの中に、『ふわとろ ベルギーチョコ蒸しケーキ』を発見。
さっそく試食してみると、

「本当! ふわとろよ!」
「これ、パンじゃないわよ、この食感」


ラベルをよーく見ると、「蒸しケーキ」とあります。

「そうだよね、蒸しケーキだよ」



商品名に添えられたコピーは

“ふわっとした食感のチョコの生地にベルギー産チョコクリームと、刻みチョコ入りのホイップクリームをサンドしました”

とあります。

「ウンウン、なるほど!」


お世辞抜きで超おいしーい蒸しケーキに感動しました。

また、商品説明では

「本品に含まれるチョコレートのうち、ベルギー産は5%です」

との記載が。

この塩梅がチョコ生地とチョコ入りクリームの上品でソフトな味わいを醸し出しているのですね。これ以下でもこれ以上でもない、ギリギリの絶妙なバランスなのでしょう。商品開発者は“絶対舌感”の持ち主なのかも知れません。

この蒸しケーキ、個別に脱酸素剤を入れて菓子折りにして販売すれば、中洲あたりでは超ヒット商品になるでしょうね。2月限定なのが惜しまれます。


ところで都内のスーパーの棚に並ぶ中でも私の好物の一品、レーズン食パンには苦言がひとつだけあります。レーズンパンは昔からの長ーい超ロングヒット商品で、各社ともオリジナリティを発揮して多種多様な商品が売場の棚を賑わせていますが、

「食パンのレーズンはどうして耳に片寄って、こうもバラつきが未だに激しいのか」

と、袋を開けるたびに感じるのです。

でも家内が言うには

「耳までおいしいって事よ」

とのこと。

そう言われてみると説得力がありますが、大きな横型ミキサーでレーズンを均等化するにはどのような“工夫”と“ひと手間”が必要なのでしょうか。たっぷりと均等に入ったレーズン食パンでリッチな気分で朝食を楽しみたいですね。

パンは食卓を豊かにしてくれます。笑顔がこぼれて会話が弾み、様々なシーンをパンが彩ります。
「ベルギー・オランダフェア」の次なる一手は何でしょう? とても楽しみであります。このような催事を通じて全国のベーカリーの皆様の豊かな創作力を駆使して、食育を進められる事がなによりです。

.

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用