FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

懐古作戦

 あなたは天ぷらに何をつけてたべますか?
  塩、天つゆ、レモン汁、ウスターまたは中濃ソース、醤油?選択肢はたくさんあります。たいていのものは試してみましたが、上記の例えでは「ゲロゲロ、ナ、ナンダこのミスマッチは!」と感じるものはなく、それぞれの特徴が口の中で融合して「いい感じ」と思うのは私だけなのでしょうか。トンカツは醤油派ですか、それともトンカツソース派?マヨネーズやケチャップ、タルタルソース。そういえばタルタルソースをトンカツにつけて食べるのはあまり聞かないけど、カキフライやアジフライでは躊躇なくつけて食べますね。同じフライなのに妙なものです。
  以前、この欄で取り上げたTV番組「秘密のケンミンSHOW」では、各地方によって同じ食材でも「こんな食べ方があるんだー」と感心させられる習慣がありますね。
  魚の王様、キンキを水煮してウスターソースで食べる北海道の漁師料理。山崎製パンのおはぎ3色セットは、関東ではあんこ、きなこ、ゴマが入っていますが、関西ではゴマに代わって青海苔となっており、顧客のニーズが変わっているのです。私は天ぷらは醤油が一番、トンカツはトンカツソース、おはぎはゴマも青海苔も、どちらも好きです。ただし、キンキにウスターは抵抗がありましたね。でも、一度試してみましたが、なかなかの味だったのに驚きました。キンキの脂が適度にソースをはじいて〝いい感じ〟のあんばいになるのです。
  食べ方の好みは生まれた環境にあるのは間違いありません。私が子供のころ、〝天つゆ〟なんてあったんでしょうか。あったとしてもそんな家庭環境ではなかったみたいです。これが我が家の〝食育〟であったのなら、私は母に感謝です。押し付けではない楽しくおいしい食事のあり方、ここに食品メーカーの企業発展の要となる〝カギ〝が隠されているのかもしれません。ピーター・ドラッカーさんも言っています。「企業発展の唯一の方法は顧客を増やすことだ」と。自分が育った懐かしい味を思い出してみませんか。懐古作戦です。お客さん、増えますよ。

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用