FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

歴史に学ぶ

日本が外国人労働者受け入れに舵を切る今年、製パン業界では原田一臣代表理事(東山堂ベーカリー取締役)が尽力する東京パン連盟工業協同組合の動きが光る。2005年より導入した「外国人製パン技能実習制度」をもとに、いち早く外国人労働者の受け皿づくりを進めてきた功績は大きい。


木村屋總本店が今年、創業150年を迎えました。日本におけるパンの歴史はそれ以前にも存在したようですが、同社創業と時を同じくして誕生した、日本を代表する酒種製法による「桜アンパン」こそ、我が国の製パン事業の本格始動の狼煙といえるでしょう。

時は1868年、戊辰戦争の緒戦となった鳥羽伏見の戦いが勃発。言わずもがな、王政復古のクーデターにより明治政府が誕生しました。多くの日本人が“ちょんまげに帯刀”というスタイルから徐々に欧米の習慣を取り入れて混ざり合う、文化革新の時代の幕開けでもありました。

それから150年、日進月歩の発展により驚くほどに技術革新が成功して、今では「AI」が日常生活の中になくてはならない存在となっています。この光景を150年前の先人達は、形は違えど夢をもって願い思っていた事でしょう。

その過程の中で、ひとつの偶然がひとつの必然を生みました。ひとえに偶然とは“やりたい事”を叶える好機であり、必然は“為すべき事“のために奉ずる場とする。そんな思いや行動力が日本を動かし、今日の繁栄があることを思えば、原田代表理事にとっての“必然”に多くの賛同が集まり、オール日本として咲き誇れるものと信じています。

業界内はどこも戦いの連続です。そこから勝ち組になるために必要なのは、敗者を踏みにじって奪い合う姿勢ではなく、技術革新や販売ノウハウ、流通革命の中に存在する「スキマ」から偶然ひいては必然を見出すことが肝要ではないでしょうか。それが各企業ごとの「個性」となり利益につながるのです。

アンパン誕生から150年、食の文化遺産ともいうべき存在感で今なお愛され続けています。この歴史が製パン業界にとって、どれほどの勇気とやる気をもたらしてきたことでしょう。未来に向けて業界人みなで共感を分かち合えるような偶然、そして必然を、いかにして見出すのか? 

新元号となる本年を区切りに、皆で少し考えてみませんか。


弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用