コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

MOTTAINAI

世界地図から見える世界史は戦争と略奪の歴史であった事は周知の事実です。日本は古来より島国での定住民族ですが、日本地図の中の勢力図は絶えず塗り替えられて今日があります。世界に目をやれば太古の時代より移動民族がついこの間まで世界を席巻していました。それも、とてつもない早さで略奪と移動を繰り返し、行く先々でまた奪うという戦いと政治の理屈、「征すれば必要な物が手に入り、不必要なものは捨てて移動し、新たな国土を獲得する」ことが日常であり常識だったのです。

しかるに移動民族にとって「もったいない」という概念はなく、ひたすらに奪い、捨てる。一方、定住民族にとってはモノを大事にする「もったいない」が文化の根底を支え、繁栄の基礎となったのではないか、と私は考えます。この「もったいない」は、今や世界で使われている最も有名な日本語ではないでしょうか。

この言葉を世界に広めたのはケニア人女性のワンガリ・マータイさんです。彼女が2005年に来日した際に自身が感銘を受けた日本語「MOTTAINAI」、この言葉をマータイさんは、

環境3R+Respectと翻訳して提唱しました。
3RReduce[ゴミ削減]、Reuse[再利用]、Recycle[再資源化]、そして「尊敬の念」を意味するRespect

これらを一言で表せる合言葉、MOTTAINAIというメッセージは世界へと拡散しました。

マータイさんはケニアの国会議員として環境副大臣をはじめとする幾多の功績が認められ、アフリカ人女性初のノーベル平和賞を受賞しました。

若かりし頃、マータイさんは自身の劣悪な生活環境をいとわずに7本の植樹をしたといわれています。それが現在でも続いている「グリーンベルト運動」で、植林事業を含めた持続可能な開発・地球環境問題への提議でありました。これが原点なのです。

「MOTTAINAI」から3年後、私は訪日されたマータイさんと駐日大使館内の大使公邸にて、当時のアオリ大使のお招きで夕食をご一緒させていただきました。席上で私と共に招かれた「さぬきや」の近藤君が持参した大吟醸酒をすすめたところ、マータイさんは何と言われたと思いますか?「おいしいわ!」といって両肩を上げ、ウインクを返してくれました。お米を70%近くまで磨き上げて仕込んだお酒に対する「MOTTAINAI!」をどこかで期待していた自分が恥ずかしかったです。

この3年後、マータイさんは天に召されました。しかし、彼女が始めたグリーンベルト基金には今なお世界各国から寄附が集まり続けています。

年明けに見た夢の中で、マータイさんが語りかけてくれました。

「循環させるのよ、社会のために。」

駐日ケニア大使公邸でのディナー、あの晩の笑顔が鮮やかに浮かんできました。思いもよらぬ“再会”でしたが、暮れの大掃除がてらの小物整理でマータイさんとの2ショット写真を見つけたことが頭に残っていたのでしょう。

私たちの業界には何が足りず、また無駄にしているのでしょうか。初夢で託されたマータイさんの言葉をかみしめた新年のスタートでもあります。


クリスマス・ホリデー

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


昨年末、クリスマス休暇でリハビリも兼ねて米西海岸へ家内と10日間ほど過ごしてきました。LAでは有名店の“PINK'S”で驚くほど高カロリーなホットドッグを、ステーキハウスではNYカットの巨大な2パウンドのトマホークのステーキやポークスペアリブ、そしてファーマーズマーケットでは、これでもか! というほどの具だくさんのクロワッサンサンドを賞味しましたが、2人ではどれも一人前をシェアしようにも、とても完食できたものではありません。

ラスベガスのシーザースパレス内のNOBUホテルでは、ノブさんからのプレゼントで最高レベルのスイートルームに泊まらせていただき、ひと時でもセレブ気分を味わえたことは感謝に堪えません。

そして、マライヤ・キャリーのクリスマスコンサート! 一昨年のセリーヌ・ディオン以来のビッグネームのステージで家内と優雅なひと時を過ごせたこと、もはや“自慢”以外のなにものでもないですね。それにしても素晴らしいショーでした(詳細は私のフェイスブックをごらんください)

リハビリの合間に行ったカジノではスロットマシーンで2人揃って少々負けましたが、非日常の“時”を、この程度の負けで楽しめたと思えば安いものです。帰国してからは一年の“ツキ”の総決算・ジャンボ宝くじの発表です。果たして買い求めた50枚の結果は? ……ああ、なんということでしょう、今年もまた300円しか当たりません。

明けて3日にミッドタウンの正月セールで買い物をして5本のクジで初運試しとなりましたが、昨年のクリスマスセールでの抽選と同じく参加賞しか当たらない、なんともクジ運の悪い私です。下りのエレベーター内で「当たりは本当にあるのかしら?」なんて若いカップルのボヤきを聞かされましたが、今年の私は齢七十の古希を迎えて考えを改めました。

「だから次は良いことがある!」
「そういう事です」

ポジティブに物事を考えることに方針転換をしました。さて、弊紙「日本パン・菓子新聞」の年頭所感にも書きましたが、米国ポートランドでは「WEIRD ― 変わり者であれ」という精神のもとで街が進化を続けています。我ら製パン業界もWEIRDな精神をもって独自の活路を見いだし、新たなる挑
戦へと挑むのも一考かと思われます。そして2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに向かって、世界中から日本を訪れる人々に対して発信する手段を構築されることを希望します。そうそう、エシカルコンシューマーリズムもお忘れなく。


エシカルコンシューマーリズム

メリークリスマス。そして、ハッピーニューイヤー! 

激動の2017年も残すところあとわずか。振り返ってみると色々な出来事がありました。悲しい事。辛かった事。楽しかった事。悔しかった事。我が身辺はもとより、世界を見回してみても想定外の出来事が数多くありました。そして、私たち食品業界に携わる者として一人ひとりが、安心・安全はもちろんの事、安定供給、適正価格が問われた一年でもありました。

「過当な価格競争は品質にも及ぶ」

これは昭和23年4月発行の弊紙「日本パン・菓子新聞」創刊号に掲載された社説の一節で、創業者で私の父・菅田松司の苦言です。本人曰く“ズブの素人”が、遠い将来を見据えて始めた日本パン菓子新聞の創刊。公正かつ真摯をモットーに製パン・製菓業界へ発信し続けてきたからこそ、70周年を迎えた今日があると自負しております。

先日NOBU東京で開催した70周年記念レセプションでは、お土産にオーガニック食品の詰め合わせを参加者全員にお持ち帰りいただきました。世界中のBioに特化した食品を販売するミエ・プロジェクトのラインアップから私好みの商品を吟味しまして、手前味噌ながら評判は上々でありました。

環境や社会に配慮した商品を選ぶ消費行動を「エシカルコンシューマーリズム」と言いますが、最近では世界中で健康と地球環境に優しい食品や商品を選ぶ人たちが増えているそうです。元来エシカルの消費は英国から始まったそうですね。英国発のエシカルな食品や商品には環境保全や社会貢献、そして人間が健康な身体を保持するための創意工夫を新たに加味してゆく努力が見受けられます。私も今の所はほんの少しですが、なるべく率先して利用するよう心がける日々を過ごしています。

かのアインシュタイン博士が遺した「もしミツバチが絶滅したら、人類は4年で滅ぶだろう」という有名な言葉を思い出しました。地球上の植物全体の、実に3分の2の受粉をミツバチが請け負っているのですから、その結果たるや日本の少子化にも当てはまる大事件であることに間違いはありません。

2018年は我々業界にとっても、「エシカルコンシューマーリズム」を取り入れる絶好の年になるかもしれません。なぜなら私たちは家族、そして子孫のために、住みよい環境の礎を託す義務を履行しなければならない、という事です。

ますます広がる世界中の格差社会の中にあっても社会貢献や環境保全を全うし、オーガニックな食品を安定供給に努めるオーガニック大国・日本として研究・努力・実践する元年となる事を祈って、皆様、良いお年をお迎えください。


契り

惜しまれつつ亡くなられてから早10年。天才作詞家の阿久悠さんを偲ぶコンサートが東京国際フォーラムで開かれました。生誕80周年、作詞家デビュー50周年、没後10年というメモリアルづくしのリスペクトコンサートへ招待状を握りしめて家内と日間通しで行って参りました。とにかく驚かされたのが、豪華な出演陣。これはNHKの紅白歌合戦よりすごいんじゃないか?と思わせる顔ぶれです。

この歌謡ショー、司会者がいませんでした。なにより主役は「詞」ですから、ステージ上部に設置された巨大なスクリーンに注目すべき演出が施されていました。まず出演歌手名が流れ、スクリーンの後ろに隠れた生演奏のオーケストラがイントロを奏でると、いよいよ歌手の登場です。そして、歌い始めと同時に原稿用紙に書かれた曲名と歌詞が映し出される訳です。これは盛り上がりますね。

初日のトップバッターは私の好きな八代亜紀さん。歌はもちろん「舟唄」です。スクリーンの原稿用紙には〈作詞:阿久悠、作曲:浜圭介〉と記され、そして歌詞が続きます。

 お酒はぬるめの 燗がいい
 肴はあぶった イカでいい

説明不要、誰もが知っているこの歌詞をすべて記すのは控えますが、詞を目で読み追いながら、ステージ上の歌手の生歌を観て聴く。これは初めての経験でした。実に感動そのもので、日本演歌の真髄を実感させられました。

歌はもちろんですが、詞がなんとも良いですね。どんな感性を持ってすれば、このような詞が書けるのでしょうか? 「女は無口なひとがいい 灯りはぼんやり ともりゃいい」……すごい。すごい! すごい!

盛り上がりをみせるショーの中盤、スクリーンに「山本リンダ」の名前が映し出されると今日一番の大拍手が起こり、大胆に美脚を披露するショートパンツの衣装で登場するや、大きなステージを縱橫に「ウララ ウララ ウラウラヨー」と歌い踊り会場を沸かせます。往年のリンダ様の顔がスクリーンにアップされても、リンダはリンダ。圧巻のステージでした。そして石川さゆりさんの「能登半島」には胸が熱くなりました。

初日のトリは五木ひろしさんの「契り」でした。

 あなたは 誰と 契りますか
 永遠の心を 結びますか
 波のうねりが岸にとどく
 過去の歌をのせて
 激しい想いが 砕ける涙のように

会場は水を打ったようにシーンと静まりかえっています。スクリーンの歌詞を読みながら、五木さんの生歌を聴き、注視します。途中の詞は略して、私の好きな一節を。

 朝の光が海を染める
 生きる夢に満ちて
 まぶしい願いが きらめくいのちのように

そして最後は

 愛する人よ 美しく
 愛する人よ すこやかに

リフレインで盛り上げてから、切なく静かに曲が“消えて”ゆきます。日本の演歌って、素晴らしいですね。そして、阿久悠さんの偉大さ。

きっと阿久悠さんの“うた”は後世にわたって歌われ、語り継がれることでしょう。


弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用