FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

レトロな昭和の味(前編)

弊社の近くにある中華レストランチェーン「日高屋」は、ランチ時に行列ができる人気店です。というよりも、ここ千駄ヶ谷近辺はレストランが少なく、どこもランチタイムは人であふれている状況です。となればテイクアウトできる店も人気で、サンドイッチ店もいくつかあります。おなじみサブ
ウェイとちょっと高めのモスクラシック、個人店では「HATONOMORI」というサバサンドを売りにしているレストランは若い女性客で大盛況ですし、メニューはこだわりのパンとコーヒーのみという小さな店にも行列ができます。

千駄ヶ谷から神宮前二丁目界隈はアパレル関連の会社が多く、さしずめファッション界の“頭脳労働者”が集まる特殊エリア。行き交う男女も個性あふれるファッショナブルないでたちで、2020年に開催される東京オリ・パラに向けて建設が進む新国立競技場のモダンで斬新なデザインにもマッチする? 洒落た街並みでもあります。

私は50年程前に「日高屋」の前身、埼玉の来々軒さんが新宿駅地下に出店(少々記憶が曖昧ではありますが)していた“喫茶ひだか”で友人とアルバイトしていた事を鮮明に覚えています。2人で面接を受けた結果、憧れの接客サービス担当は背が高くてイケメンの友人が、私はキッチンでの調理補助に決定。この店は若い女性客が多いこともあって若い男子としては是が非でも接客係をやりたいですよね。しかし私はというと、当時いちばん人気だったドリンクメニューのチェリー入りメロンソーダとオムライスとナポリタンの調理係。原液を炭酸水で薄めるだけのメロンソーダはともかく、オムライスは技術を要しました。初日に何回も失敗したので、その日の晩に自宅で一人大特訓を重ねました。

薄くフライパンにひいた溶き卵の上にタマネギとマッシュルールの薄切り、鶏肉の小間を炒めてライスを混ぜ、ケチャップで味付け。それを薄焼き玉子の真ん中に適量のせ、フライパンの取っ手を逆手に持ち替えて皿に回しのせて完成です。味付けはケチャップだけですから、どこでも誰がつくっても変わらないシンプルなおいしさ。昭和のレトロ感あふれるノスタルジックな味は、今でもナポリタンと並んで愛され続けています。もちろん私にとっても、半世紀近くを経た今なお特別な料理の一つです。
 
そんな懐かしい記憶を呼び起こしてくれる「日高屋」の千駄ヶ谷店にてランチをしました。さて、久々に感じた出来事とは? 次号に続きます。


もやしあんかけ中華そば

 白玉の
 歯にしみとほる
 秋の夜の
 酒はしづかに
 飲むべかりけり


 詩人・若山牧水の名句ですね。さわやかな秋の夜はベランダに出て盃に月を浮かべて飲み干す。先人達の “粋” は何世紀を経ても人の心を和ませてくれます。アテはみたらし団子がいいですね。焼いた団子にたっぷりかかったあんかけ。香ばしい醤油味が酒に合う。

私はこの、ドロっととしたあんかけが大好きなんです。料理で言えば中華のおこげ。眼の前で揚げたての麺に一気にかけると、ジュー! と湯気を上げて聞こえる至福のひととき。まさに五感を刺激してくれます。かた焼きあんかけそば、カレー丼、天津飯、皿うどん、さらに肉団子の甘酢あんかけやフカヒレの姿煮などなど。

そして、数あるあんかけ料理の中で私が一番好きな料理は……

「もやしそば」であります。

具はもやしのみ。これは日本の中華そば文化の革命だと私は思うのです。71年の人生において、グルメな食事に目覚めて以来これはスゴイ! と驚嘆した一品。毎日食べても飽きない料理であります。中華そば屋で頑固そうな親父が「ヘイ、お待ち」とカウンター越しに湯気が立ち上るもやしそばをドンと置きます。割り箸を割る瞬間から私は心ウキウキ、あんかけのもやしが丼の表面を覆いつくし、麺の姿は見えません。割り箸を丼の奥にくぐらせてたぐり上げ、フーフーと “クーリング” してからあんかけがしっかり絡んだ麺を一口頬張ります。次はレンゲにすくったスープと共にシャキっと仕上がった、絶妙なる “アルデンテもやし” の食感を堪能する。あー、これぞ至福のあんかけもやし中華そば。思わずオマージュで一句、詠んでしまいます。


  あんかけの  歯にしみとほる  秋の夜の
    酒ともやしそばは  静かにすするべかりけり


そしてIBIE2019へ

iba2018の視察研修旅行は無事10日間の日程を終え、参加者全員家族の待つそれぞれの自宅へ戻りました。しばらくは話題に事欠かないでしょう。今回の研修旅行でも“良き友、良き仲間”と出会えた事は感謝であります。

11月2日に開催される写真交歓会は、イタリアでの想いを込めて恵比寿のイタリアンレストラン「パルテノペ」で行います。「真のナポリピッツァ協会」を立ち上げた功労者、フレッシュ・フード・サービスの渡辺陽一氏が総料理長を務めるレストランであり、予約の取りづらい店としても有名なのですが、それは全ての料理がパーフェクトだから。特にピザ生地がすごい! 素焼きのピザ生地にオリーブオイルをかけて一口頬張れば、“全て”が理解できます。イタリアでの味と比べて旅行を振り返りつつ、良き友、良き仲間と楽しい時間が再び共有できる事が今からとても楽しみです。

帰国後、時差ボケ気味の頭で雨窓を眺めつつ思い巡らせていると、奇妙な幻想が見え隠れしてきました。ほんの数秒、いや刹那ほどの短い、とても短い時間なのに、何やら神がかった思いが私の脳裏をかすめました。

それは、
「私には2つ(もう一つ)の人生があったはずなのだ」
こんな感じの啓示めいた思い。

かすかな記憶が残る幼少の時期から現在までの過程、いつどこで人生が別れたのか? 雨だれを見つめながら頬杖をつき、いつの間にかうたた寝してしまいました。夢か幻か、現実か。例えばボンヤリと帰宅途中の道すがら、夜空を見上げれば満月が輝き、ふと前方に目をやると、「おや、この光景は以前に体験したような……」。こんな思いを皆さん感じた事はありませんか? 別のコースなどない、ただ一つの道を進むのが人生だと分かり切っているのに、この時以来、雨が降ると、ふと頭をよぎるんです。これは神様からの使命を示す“シグナル”なのかもしれませんが、とにかく不思議な感覚であります。

来年には米国ラスベガスにて業界最大の展示会「IBIE2019」が9月8日から4日間にわたり開催されます。すでに私は全日空のフリーチケットをマイレージで確保しました。行き先は……? 内容は……? まだシークレットですが、全てのスケジュールが確定しています。ご興味のある方は私へ直接連絡してください。ANAのマイレージでの予約も、今からならまだ大丈夫だと思われますよ。

IBIE2019までに「2つの人生」の謎が解き明かされるかもしれません。
雨雨降れふれ もっと降れ ってか!


「半分、タコい。」その2          ~ iba2018視察旅行記 ~

iba 2018の視察を終え、アイイング宿泊最終日となる3日目のディナーは参加者全員で視察報告会を兼ねた真面目なスタートでした。が、なにせアイイングはかなりクオリティーの高い地ビールの産地でして、皆さんのピッチが早い事! もちろんホテルのディナーもローカルスタイルのドイツ料理で、どの皿も絶品。当然ビールもどんどん進みます。実は今回の参加者16名、揃ってお酒がイケる方々で、ウイスキーや地元バイエルンのスパークリング、赤、白と次々にワインボトルを空けてしまいます。

そんな中で会話はいつの間にかフレンドトークに。会社や年齢、性別関係なく “無礼講” スタイルの宴会となりました。研修団の団長を引き受けていただいた昭和産業の金子常務は、絶妙のタイミングで的を射た完成度120%のジョークを連発して皆を笑わせディナーは大盛り上がり。その団長を的確にツッコミ続ける横浜ポンパドウルの森岡さんもまさに宴会部長といった趣で、一同腹を抱えて大笑いです。彼は一見中国人かと見間違う風貌ゆえ、私は “ミスター你好(ニイハオ)” とニックネームを付けました。さすがは三藤社長の秘蔵っ子、ひと味も二味も違います。特に私の向かいに座った山崎製パンの西尾さんは笑い過ぎて周囲が心配するほどの過呼吸に苦しみつつ、手を叩きながら大爆笑。

そんな盛り上がりの中、ミスター你好による掛け声が。

ここで皆さんにご紹介します! 
オクトーバーフェストの “アイイングレディ” が、
皆様のジョッキにビールを注ぎます。
それではどうぞ!

威勢のよい一声とともに開け放たれたドアからは、キュートな民族衣装を身にまとった理研香料ホールディングスの戸辺女史が登場。

「ハッピーオクトーバーフェストー!」

と皆の手拍子に合わせて踊りながら次々とジョッキを満たして回り、もちろん全員大受けです。「西尾さん、大丈夫かなー」。幸か不幸か笑いのツボにはまりっぱなしのようで、眼の前でひっくり返りそうになりながら笑い転げています。実はこの衣装、日清製粉グループ本社の濱田さんのアイデアで彼が購入してきたもの。彼女のパフォーマンスで皆のスイッチが完全に切り替わったのは申し上げるまでもありませんね。

笑いが一段落したところで、再び私が思いつきました。彼女のニックネームは “オクトちゃん”。当然ながらオクトーバーフェストにちなんだ命名ですが、ミスター你好は鋭く「それって、“半分、タコい” じゃん!」。オクトーバーとオクトパス、さらにはNHKの朝ドラ「半分、青い。」までかけた三重丸の掛け合いに、またまた全員大爆笑であります。

ディナーが終わっても各部屋に1人2本ずつ置いてあるアイイングビール持参でミスター你好の部屋に再集合、深夜まで笑い声の絶えないドイツでの最終夜となった次第です。ますます団結を強めた一行は翌日、南イタリアへと向かったのであります。この研修団を一番支えてくれた田中食品興業所専務の柴田副団長には感謝ゞでございます。


弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用