FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

トライ&エラー

我が家の最寄り駅・総武線大久保駅ホームに設置されている、1メートル四方くらいのガラス製の路線図。夕方になると明かりが灯されるのですが、目をこらすと“本物はこちらだ”とばかりに路線図を隠すように広げたクモの巣の真ん中に小さなクモが2匹。冬風に吹かれて左右に揺れている様が“ライトアップ”されています。周りに捕獲された虫の収穫もなく、必死に巣に張り付いて踏ん張っているクモの姿が、なぜか哀愁を誘う今夜の寒さです。地味ゆえに今まで気づかなかった自然界の摂理ですが、都会の片隅でも健気に脈々と営まれているのですね。

その夜、冷え切った体をあたためてくれたのは高円寺さぬきやの店主が送ってくれた、試作品の「全粒粉の半生うどん」。試行錯誤を重ねながら全粒粉にこだわって5年の歳月をかけたという力作を開封、強火で湯がく事8分間。「さて、つゆはどうしようか? 濃縮のそばつゆしかないか……」と冷蔵庫を開けた瞬間、ふと閃きました。卵ケースの隅に隠れていた、塩ラーメン用の濃縮スープを見つけたのです。

「よし、今夜は塩ラーメンスープの全粒粉うどん・たっぷり焼きネギにぶつ切り入りだ!」

え、塩ラーメンスープとうどん? と首を傾げたくなる気持ちもお察しします。確かに味噌ラーメン用スープだったら味噌煮込み風にすれば違和感なく“合う”かもしれません。しかし、塩も意外と結構、いやなかなかのアメイジング・テイストであります。そして塩には焼きネギが合う! もっちりとした全粒粉うどんを噛みしめるほどに、塩・ネギ・小麦のマリアージュで箸が止まりません。両手で丼を捧げ持ち、熱々のスープを少しずつすする。あー、なんておいしいんだー。

大久保駅ホームの2匹は虫を捕らえられたかな、と一瞬クモのことを思い出したら、アラ不思議。TV脇の白い壁に家グモが現れたのです。家グモは福を呼ぶと母から教えられていたので、私はいつも気にする事はありません。「そうだ、生姜をすろう!」。家グモが教えてくれたのかもしれませんね、食いしん坊の私に。すりおろした生姜を丼に回し入れて、塩ラーメンのスープと焼きネギの香りをまとった全粒粉のうどんをひとすすり。これまた絶品であります。今朝あけた食パンをちぎってスープに浸して食すると、これもまた旨し! ケンカしない上品な味に仕上がりました。粉食は身も心もあたためてくれます。

食品メーカーの商品開発も、こんな具合に些細なきっかけで始まるのかもしれませんね。偶然の閃きと失敗の積み重ね、まさにトライ&エラーの試行錯誤です。豊富な記憶や経験という堅実な土台に意外性のあるアイデアを組み合わせることで新たな味、おいしさが生み出される。今夜の私はクモの巣のように張り巡らされた記憶のシナプスが上手くつながったようで、大満足です。

高齢者講習

今年は運転免許証の更新年です。

先月、12月の誕生日に先立って、「高齢者講習」に行ってきました。70歳以上は必須課程で、内容は交通ルール講習と高齢者に多くみられる視力後退の検査。最後の実技運転まで2時間みっちり受講してきました。

講習は民間の自動車教習所で行われ、実技は教習コースを教官と高齢者4人が同乗して1人あたり10
分間ほど助手席の教官が指示したルートを走行するのですが、結構緊張しました。1人目の方はそつなくゴール。続く2番手の私はというと、バックモニターなしの車庫入れに戦々恐々。窓から身を乗り出すほどに後方確認に万全を期し、慎重にハンドルを切りつつ無事成功しました。停止線前で止まる、ウインカーを出して右・左・前方を注視して慎重に慎重に運転したのはもちろんのこと、普段のように左手をコンソールボックス上に置いて右手だけでハンドルをさばくなんて事はとてもできませんね。ハンドル切り替えも初心にかえって両手をきちんと交差させ、無事終了しました。

ホッとしつつ、次の人の運転に身を任せる訳ですが……。7年ほど運転していない女性とのことで、サイドブレーキをかけたままウインカーも出さずに発進・右折するわ、車庫入れでは左右後方を囲むように立てられたポールに接触しまくり。挙げ句の果てにS字路で脱輪の連続!「この人、更新は無理だろうな」と私を含め同乗の受講者全員が思ったに違いありません。正直、同乗し続けるのが少し怖かったです。最後に修了証が交付されるのですが、問題の女性も交付されていました。この実技講習には更新を抑止する法的効力などは一切ありませんから当然の措置とはいえ、少々複雑な心境ではあります。

講習修了を経てようやく指定の警察署や免許センターで免許証が交付されますが、違反歴やゴールドなど関係なく有効期限は3年になり、さらに75歳以上は認知症検査もあるとのこと。あの女性にもすんなり交付されるのか、あるいは内申書のようなデータが免許センターに送られるのか等々気になりますね(本音を言えば、潔く返納してもらいたいものです)。

緊張の連続でクタクタになって帰宅した自分へのごほうびは大好物のグラニュー糖をたっぷりまぶしたイーストドーナツとチーズケーキにカフェモカ。夕食には千切りキャベツをたっぷり挟んだ分厚いカツサンドとシャンパン。好きな食事で一日を締める、この充実感がたまりません。胃もないのに困ったジジイです。

時が経つのは本当に早く感じる今日このごろです。今年のクリスマスはどう過ごそうか? サンクスギビングデイが過ぎてあっという間に12月、シュトーレンを食べながら、あれこれ思案。 今から楽しみです。

とげぬき地蔵

11月あたまの祝日、72年の人生で
都電荒川線に初めて乗車しました。

家内と散歩がてら、とある場所を目指します。1両編成の都電は祝日ということもあってか、結構混んでいました。
もうお分かりかと思いますが、目指すは私達と同世代のジジ・ババの聖地、巣鴨のとげぬき地蔵商店街。

しかし、出発前の下調べなど皆無、降りる停留所も分かりません。子連れの家族に尋ねると、「庚申塚ですよ」と教えてくれました。あやうく手前の巣鴨新田で降りるところを助かりました。庚申塚停留所で下車すると、目の前に小洒落た茶屋があって、お年寄り達で賑わっています。ここからがスタートなのですね。少しワクワクしてきました。線路を渡れば、そこは直線1キロほど先のJR巣鴨駅へとつながるメインストリートが眼前に広がります。

入口に掲げられた「巣鴨地蔵通商店街」の賑々しいアーチ。祝日らしくさまざまな屋台が並び、車道の中央にも露店が陣取っています。すると、歩き出してすぐのお店に目が止まりました。

店先の陳列棚に見覚えのある「ぶすのこぶ」というお菓子を発見! 
こちらは岩手県久慈に本店を構える、昭和5年創業の老舗・沢菊製菓の大ロングセラーです。そしてナント! 3代目社長とは旧知の仲なのです。思わず店員さんに「ぶすのこぶを、なぜ販売しているのですか?」と尋ねると、「こちら岩手県のアンテナショップです。このお菓子は当ショップの一番人気ですよ」。

予期せぬ“再会”で、社長の宮沢君との思い出や東北の仲間たちと一緒に海外視察へ行った楽しい記憶が脳裏を駆け巡りました。

夕方近くになって“少し寒いわ”と家内が露店で古着を見つくろっている間にトイレへ。近代的で清潔感にあふれ、感動すら覚えるバリアフリーのトイレに休憩施設。さすがシルバー世代の町ですね。

ほどなくして家内が見慣れぬ上着をはおり、おまけに何やら大きめのレジ袋を提げて現れました。

「どう?」とクルッと回って古着を見せます。
「似合ってるよ」
「これ、上下で300円。もう一着買えば500円って言うから、ワンピースも買っちゃったわ!」
・・・商売上手と買い物上手のウィン―ウィンで何よりです。

再び少し歩くと伝説の“幸運をもたらす”と評判の赤パンツ専門店が軒を連ねています。いやー、面白いですね。屋台ではリンゴ飴、お好み焼き、焼きそば等々、お祭りや縁日の屋台より安くてボリュームがあります。骨董店やアンティークな陶器を売る店もたくさん出店していて飽きることなく歩き続け、あっという間に巣鴨駅が見えてきました。

という訳で、肝心のとげ抜き地蔵様がどこにいらっしゃったのか、お姿を拝むこともなく山手線に乗り、自宅最寄りの新大久保まで。次の休みはどこへ行こうか? と行きつけのコーヒー店でチーズケーキを食べながら深まりゆく秋の散歩先を思いあぐねるのでした。

高級食パン

暦では “立冬” となる朝に、リビングから遠望する冠雪した富士山。雲ひとつない清々しい青空のもと、朝日に輝いて堂々と佇んでいました。

先週TVのお天気キャスターは、
「秋が深まる中、冬の足音が聞こえてくる今日このごろですが……」という切り口上で登場していましたが、すでに冬を迎えた北国で初雪が舞う映像を眺めつつ、

「今年の冬は寒くなるぞ」ともの思う今朝のつぶやきです。

先週の祝日、家内と二人で人生初となる都電荒川線に乗って巣鴨の「とげぬき地蔵商店街」を訪ねてきました(詳細は次号にて)。噂にたがわぬ賑わいで、さすがは私達ジジ・ババの聖地といった趣です。たくさんの元気なご老人が休日に出店する屋台や骨董品などを並べる露店を楽しみ、TVでよく紹介されている幸運を呼ぶ赤いパンツ専門店は大繁盛しています。1キロにも及ぶ商店街、屋台、露店には寒さを吹き飛ばす活気が感じられました。世代を超えて人気のメロンパン専門店やタピオカミルクティーの店、そして高級を謳う食パン専門店もありました。

高級食パンと言えば、先日、リョーユーパンの北村会長から「菅田さん、うちも高級食パンを始めたんだ。すごく売れてるよ」とお電話をいただき、しばし “高級食パン論” を交わさせていただきました。雨後の筍のごとく “高級” の冠を付けて老舗風の大きな暖簾を掲げ、高価格で販売するこのブームもひところの勢いから比べて落ち着いてきました。

食パンは製パン企業にとっては生命線なのです。食パンが売れれば関連食品メーカーも元気になります。ですから利益追求ファーストで始まった “高級食パンブーム” は食パン普及に一役買っていた事は事実ですが、やはりリテイルも含めて製パン企業各社の多大なる努力によって確立されたブランド食パンに回帰する消費者が多いようです。高級食パンとは、自分で食するものではなく、話題性込みの贈答品として買われていた訳ですから、高値での販売スタイルが行き着く先は想像できますね。
 
そんな中、リョーユーパンの高級食パン『糧友』は2斤で税込み550円!

ネーミングとプライス、もちろん味と三拍子揃えて格好良く登場しました。地道にブランド食パンをつくり続けている製パン企業の背中を “グイッ” と押すこのニュースが、業界の業績アップに向けて弾みになる事が期待できます。


弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用