コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

レッドクロス

飛行機がガラス窓の桟をゆっくりとなぞるように走り抜けて行く。そしてかすかなジェット音を残して消えた。

カシャーン、シャー。カシャーン、シャー。

またあの女の子だ。病室のドアを隔てた廊下を、金属製の松葉杖を支えに一歩一歩ゆっくりと歩く。時計を見ると午前11時ちょうど。毎日決まった時間に私の病室の前を通り過ぎて行く。

見舞いに訪れた家内に車椅子を押してもらい、1階のタリーズへ。私はチャイティーのアイス、家内はタピオカ抹茶ティーで共にトールサイズ。店を出て、ふと病院の外観を眺める。群青色に染まった雲ひとつない、抜けるような空の下に大きなレッドクロスのマークが周囲のビル群の中で一際目立つように飾られている。血塗られた紅い十字架。改めて見るに厳かなシンボルだと思う。正面口の脇にはお花畑が続き、所々に平らな木製のベンチが置かれている。そこへ、松葉杖をついた少女が近づいて、腰掛ける姿が見えた。「オヤっ? ママ、あの娘だよ。ほら、“カシャーン・シャー、カシャーン・シャーの」。右脚を投げ出して左手を後ろのベンチにつく。右手にはタリーズのアイスコーヒーかな? いや違う。あのオレンジ色のストローはタピオカ抹茶ティーだ、ママと同じだよ。

抜けるような青空、雲ひとつない5月晴れのレッドクロスガーデン。彼女はじっと青空を見上げている。私はというと、ハワイから帰国して6日後の5月1日に入院、2日に再手術、そして今日は5月4日。明日は日本全国、こどもの日だ。頭上に広がる澄んだ青空を横切り飛び去っていくジャンボジェット。只今午後2時、この時間帯の出発ならヨーロッパかアメリカ東海岸方面かな? ハワイ便はチャーター便を除いて夜6時過ぎから10時までと決まっているから。そんな他愛もない事を考えている。

術後の経過は良好、エコノミー症候群を起こすかもしれないと両足に装着されていたマッサージ機、酸素吸入も点滴も外れた。残すは背中の手術痕から出てくる血を観察する「ドレイン」だけだ。多分、明日の朝にはそれも抜かれ、めでたく生身の身体に復活の予定だ!
 
10階の病室のドアの向こうには、超豪華な広尾ガーデンタワーズのマンション群がどっしりと構えている。それぞれの部屋には、それぞれの家族がそれぞれの生活を営んでいる。それが何かは知る由もない。壁一枚で隔てたそれぞれの日常生活がある。周りのビル群では屋上の赤色灯がテンポを合わせて点滅している。

静かな平和のとばりが今日もやってきた。明日からのリハビリをしっかり行い、予定通り2週間で退院できますように。全ての人々が健康でありますように。月明かりが差し込む病室から祈る。

カシャーン、シャー。カシャーン、シャー。いつも通り、あの娘が通る。自発的なリハビリ。早く良くなるといいね。今日もまた、穏やかな私の日常が始まっている。


100歳世代

今年もマスターズ名勝負を堪能し、プロゴルフのTV観戦が楽しみなシーズン到来となりました。雨風にさらされて育つ芝目を読み、刻々と変化する自然との会話。天国と地獄とばかりにさまざまな顔を見せる、世界中のゴルフコースを舞台に活躍する選手たちの素晴らしい技と精神を、我が身に重ねての観戦はまさに「ワクワク」ものです。そして、あの石川遼さんがジャパンゴルフツアー選手会の選手会長に就任というニュースを見て、時の流れの早さをしみじみと痛感する次第です。

新進気鋭の若き天才・藤井六段棋士や二刀流で活躍するエンゼルスの大谷選手など、各界における若手台頭に日本の良き将来が予見できますね。宇宙飛行士のガガーリンさんが人類で初めて宇宙に出た時、彼はこう言ったそうです。「神はいなかった」と。神様は見えるものでないですよね。彼のジョークは世界を賑わせました。プロゴルファーやプロ棋士、そして赤ちゃんからご老人まですべての人の生き様は、おそらくガガーリンさんが発した“神”のご計画で生かされているのかもしれません。

北海道在住の野中正造さんという112歳の方が、男性では世界最長寿として先日ギネスブックに認定されたことをTVニュースを見て知りました。皆さんは覚えていますか? 泉重千代さんを。彼は120歳(諸説あるそうですが)という人類初の大還暦を迎えました。そして団塊世代である私たちは〝泉レコード〟を更新する「100歳世代」なんて呼び方もあるとか。長寿を後押しする好材料は医療の飛躍的な進歩と食生活の改善だそうですが、元気な頭と身体を維持しての100歳台という人類の願い以前に、神様にとっては予定通りのご計画なのかもしれませんね。

重千代さんの長寿祝いを取材した際、女性レポーターが長生きの秘訣を尋ねると「酒と女かのう、女は年上がいいのう」と黒糖焼酎を呷りながら答えたそうです。気の利いたジョークが飛ばせるくらい冴えた頭で迎える長寿。これが理想ですね!

100歳世代には生きがいとなる「生涯学習」「生涯勤労」などの長期的な目標が欠かせません。そして、おいしい料理をおいしく食べられるよう健康な身体を担う食生活のシーンを期待しています。

iba 2018

「思い起こせば15~6年前、頃は10月、秋の巴里。パン屋巡りを名目に、男2人でパリの町をグルグル回ったなぁ」
「オペラ座の前の有名なカフェで苦ァーいコーヒー、無理して飲んだねー。あれは確かエス…そう、エスプレッソって奴よ。コーラの原液でも飲んだ気分だったねぇ。なァ金ちゃん」
「コーラの原液、飲んだ事あるのかよ! それにしても周りの奴ら、チビチビとあの小さいカップで飲んでやがるもんだから、イライラしたね」
「でも八っつあんもチビチビ飲ってたじゃあネェか」
「アイヤ、すまねえな。なんせ江戸っ子なもんで、コーヒーはアメリカンって決めてんだから」
「なに言ってんだか分からねえよ」
「それにしてもキレイな町だね、パリは。石でこさえた家の上に金色の天使がわんさと」
「八っつあん、パン菓のスーさんが言ってたラ、ラ……ラファ……」
「ラファイエット!」
「舌が回らねえよ。そのラファイエーにある、ドングリしか食わさねえで育てた豚のハム、早く喰いに行こうぜ」
「おう」。

……ってな訳で2人はラファイエットデパート食品館の2F にある生ハムコーナーへ繰り出しました。

「金ちゃん、ずいぶんと高い丸椅子だなー」
「オイラもさっき便所で背伸びしても届きやしねえ。仕方なしに大の便器で用を足したよ」
「これじゃクルクル回っていけねえ、ハムが喰えねえや」
「仕方あるめえ、立って喰うか」

注文したのはイベリコ生ハムのスライスとシャンパン。

「この、いつまでもシュワーシュワーと下から泡が湧いてるのがシャンパンよ」
「シュパーっと一瞬で終わっちゃうラムネとは違うねえ」
「馬鹿言ってねえでドングリの生ハム、喰おうぜ」
「ナ、ナンダこりゃあ!」
「脂が舌の上で溶けるぜ」
「上品な、俺みたいな味だねえ」
「馬鹿か金ちゃん。でもよう、世間様にゃこんな旨ェ食い物があるもんだなぁ」
「スーさんが言ってたよ、この店の裏のコーナーで売ってる鰻一匹まるごとの燻製、こいつも病みつきになるそうだよ」
「よし、一本買ってホテルで日本から持ってきた焼酎のアテにしよう」
「シュワシュワもいいけど、やっぱり焼酎だね」
「パリじゃあそうしょっちゅう飲めねェからな」
「イベリコやウナギよろしく、上手いこと煙にまきやがって」
「燻製だけにね」

 本年9月、ドイツのミュンヘンで開催される「iba 2018研修ツアー」を開催します。南イタリアのマテーラとその近郊を訪問する予定です。

八っつあん金ちゃんに負けない好奇心でヒット商品となる食材を探求しましょう。お楽しみに。


Must GO

3月から4月にかけて旬を迎える野菜の代表格に「菜の花」があります。

八百屋さんの店頭やデパ地下の野菜コーナーで、黄色い花を表に出して茎葉を紙で四角に包んで売っている、あれこそが「菜の花」……とばかり思い込んでいたのですが、つい最近“正解”を知ることとなりました。

先月、引っ越し先である渋谷区・松濤の自宅から東急デパート本店への道すがら、徒歩5分ほどの場所で一番最初に見つけたレストラン「ALL FARM」さんでのこと。こちらで菜の花について初めて知った事に愕然としました。というより、そもそも花や野菜に対する知識が乏しかったようです。

レストラン店員の太田君によると、菜の花は「アブラナ科アブラナ属の総称」でありまして、ナタネ・カブ・白菜・キャベツ・ブロッコリー・カラシナ・ザーサイ等々、“花”を食する野菜全般を指すとの事。あの青汁の原料、ケールもその仲間であったとは驚きです。そしてナ・ン・ト、ケールの花を「今日の一皿」として食べさせていただきました。

世間一般には流通していないブロッコリーやカリフラワー、そしてケールの花。当然といえば当然ですが、ちゃんと花をつけて咲くんですね! 通常、ケールのように葉だけを食す種類の“菜の花”を見慣れていないとはいえ、勉強不足でした。太田君曰く、「緑黄色野菜の王様といわれるケールの太い茎と花は、甘味が強くて絶品ですよ」。さっそくALL FARM特製のバーニャカウダソースをからめていただきましょう。

「うん、嫌味のない、かすかな苦味が心地よくて食感もいい! “野菜本来の味とはこのことだね。特製ソースも上品でよく合ってますよ」

太田君が私の食レポを受けて説明を続けます。

日本の農家の方々のほとんどが生産効率の良い『F1種』で、いわゆる種取りをしない栽培なんですが、私共ALL FARMでは地域に根付いた“固定種“を日々情熱を注いで栽培をしています。この時季、さまざまな菜の花を目にします。そして朝採れの花や葉をその日のうちに調理してお客様に提供しています」

なるほど。1年に1度、この時季だけに食べられる幸せ。旬の菜の花の数々を、来春はもっとたくさん食べたくなりました。この店はいつも旬の野菜を肴にワインや“ケールビール”、さらには他ではなかなかお目にかかれない野菜カクテルも楽しめるとあって、野菜女子で満席です。

このレストランのようにヒントやアイデアが詰まったお店へ、新商品開発担当者はMust GOでしょう。お洒落な新商品が店頭に並ぶのを楽しみにしていますよ。


弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用