FC2ブログ

コラム 三寒四温

弊社の週刊紙「速報・製パン情報」から、好評の三寒四温をご紹介。
速報製パン情報の定期購読お申し込みはこちらからどうぞ。

自宅で資料を整理していると懐かしいメモ書きが出てきました。農林水産大臣、経済産業大臣、財務大臣、内閣府特命担当大臣(金融担当)、自民党政調会長等を歴任された故・中川昭一代議士が熱心に関わってこられた「水問題」を提議する2008年開催の環境フォーラムに参加した時のメモの走り書きです。

安全な飲料を利用出来ない人々は11億人、世界人口の18%に達しています。

 人間は “水” なしでは生活どころか生きていけません。日本の降水量は年間平均1,715ミリ、世界平均810ミリの約2倍。数字上は豊かですが人口1人当たりの年間水源資源量は世界平均の年間8,559トンに対し、日本はわずか3,337トンと半分以下。この数字は何を意味するのでしょうか。現状で多くを輸入に頼っている食料を仮に国内で生産した場合、水の使用量はさらに膨大になるといった隠れた問題もあります。

東京大学の沖教授が作成した資料によると、1kgの小麦をつくるのに2,000リットル、1kgの牛肉なら20,600リットル。これらを全ての輸入品に換算すると、我が国の「仮想水総輸入量」は年間640億トン。日本の総水使用量835億トンの8割を仮想水として海外に依存する計算になります。

水は地球上すべての生物にとっての基本財産であり、また文明は森・河川・海の循環で発祥し進化しました。例えばメコン河。海抜5,200m以上のチベット高原の水源より、全長4,800kmを経て南シナ海へ注ぐ、流域面積79万5,000平方kmを有する国際河川です。流域は中国・ミャンマー・ラオス・タイ・カンボジア・ベトナムの6ヵ国にわたり、恩恵に預かる国々とって “命の河” であります。多様で豊かな漁業をもたらし、人々は川辺に沿って植物、水稲、野菜を植え、そして河川航路を利用し雨季や乾季などで変わる水位や流量に適応し暮らしています。このように水なくしては生命は維持できません。

そんな “水” が今、危ないのです。
日本国内では今のところ水不足の心配はありません。しかし世界に目を向ければ、水を巡る紛争や深刻な食糧危機、健康と尊厳の逸失など、水問題は危機的状況にあります。その渦中において、多様な水文化と知恵、そして技術を生み出してきた日本こそ、水問題における世界のリーダーを担うべきだと考えます。これは世界の共通財産でもあり、国民一人ひとりの協力あればこそ成し得るものでしょう。

中川代議士とは二期目の農水大臣任期中、ケニア農業視察に同行して当時のキバキ大統領と面会する事ができました。精力的に要人と交流し、ケニアへの水施設建設援助など重要な会談を続け、飛ぶように過ぎた5日間。実りある外交でした。

新型コロナウィルスに人類は必ず勝利します。しかし、今後も危機的事態を想定し万全な研究を続けなければなりません。生前、中川代議士が取り組んでおられた水問題をはじめ、世界の自然資源の維持について国際協力していきましょう。

食卓での祈り

危機に直面すれば、必ず前進できるのが人類です。

私達は今の状況でどう行動するかが大事ではないでしょうか。新型コロナウイルスの感染拡大により人の往来が止まり、サプライチェーンは寸断され物流が滞り、石油価格は未曾有の下落、株価も大暴落。世界経済が深刻なまでに縮小し人々の生活水準が低下するという非日常的な状況においても自粛の生活様式を遵守して、じっと収束を待ち続ける人々の楽しみは? 

そう、生きるために必要な毎日の “食” の楽しみ方でしょう。こう考える私は世界的に見れば恵まれた環境にある日本人だからでしょうか。劣悪な生活環境の中でまともな医療を受けられず、経済力もなく、日々の衣食住にすら困窮する人々にとっては、3密やソーシャルディスタンスなど異次元の世界の話で理解不能な事柄なのですが、前進することはできます。

今朝のTVニュースでは「イギリスの製薬会社が4億人分のワクチンを9月メドで完成予定、ただし大口の出資提供を受けているアメリカ企業の裁量で、3億人分はアメリカに届けられる」と報じていました。トランプ大統領も再選を控え、自国第一主義ぶりがヒートアップしているようです。世界各国のリーダー達は、一体何を考えているのでしょうか。国際社会は国際協力の必要性をしっかりと理解しなくてはなりません。中国政府の態度にも危機感を覚えます、良心ある前進を世界と協調して目指してもらいたいものです。

日本では今、大事な毎日の食シーンを新たに提案する人々の動きが活発です。そんな中、行き場を失った野菜や牛乳などあらゆる食品はNPOや生産者の働きかけにより廃棄処分することなく有効活用する流れになっています。

ネット通販やドライブスルー販売などで食品ロスを減らし、家庭でムダなく消費されています。素晴らしい取り組みですね。我が製パン産業に従事する企業各社の取り組みも立派であります。消費者のニーズをとらえて新しい販売方式を立案実行し、安全・安心な食生活を維持してくれています。

人類共通の課題として国際協力を真っ先に唱えることが必要です。日本のおいしいパンやコメを、アフリカをはじめ学校へも行けない、医療も受けられない世界の子ども達に、お腹いっぱい食べてもらえるために私達は何をすれば良いのでしょうか。コロナ禍の世界収束に向けて、課題は山積しています。

まずは食卓で “祈る” 事が大切だと思います。

アマリリス

9年前に知人からいただいたアマリリスの花が3つ、大きく花開きました。蕾があと2つ、ぷっくりとしていてまもなく5つの大輪が咲き、巣ごもりの我が家を賑やかに彩ってくれる事でしょう。家内が我が子のように毎年怠らずこまめに手入れをしてくれたお陰か、花を付けない年もありましたが、今年のアマリリスはひときわ凛として咲き誇り、未曾有の事態に勇気を与えてくれます。
「そうだ、凛としなければ!」
だからこそ「今、この時に何をすべきか」を、花を愛でながら思う事もしばし。しかし結論は見い出せません。

天気の良い日は自宅近辺のなるべく人が少ない通りを選んでの散策を1時間ほど。雑草の中に咲く花を愛でながら体力維持を図るのが日課となって早2年あまり。今まで気にもしなかった野花の名を家内に教わりながら、時にはしゃがみこんでスマホで撮影します。とある一軒家の垣根の下にヤマブキが群生していました。

いやー、美しいですね! グーグルで検索してみると、「山吹草、全緑梅。花のかたち、四つ花びら。いろ、しごく黄。夜しぼみ昼ひらく。葉、野蜀葵に似たり。三月に花咲く」と絵本野山草の解説にありました。「しごく黄」。鋭い観察力と色の表現力に感服します。

我が家に戻り、アマリリスを “観察  してみました。大きさは親指と小指を広げたくらい、白く美しい花びらは凛としている、大輪の花の中央は薄紅色が規則正しい放射状、キリンの首のように長く丸い茎。そして、なんと言ってもその存在感が素晴らしい。

今、何をすべきかの答えが少しだけ見えた感がありました。すべては天から与えられた問答のひとつ。凛と身を正して今の社会情勢をより深く観察すれば、“すべき事” が見えてくるかもしれません。

ありきたりの言葉ですが、「ピンチはチャンス」。そして、その先は?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ギャラはおいくら?

換気のために開けていたガラス戸からタンポポの綿毛がひとつ舞い込んできました。自宅14階のベランダから道路を見やれば半袖・マスク姿の若いカップルが手をつないで赤白のツツジが咲き乱れる遊歩道を散歩しています。

さんざめく陽射しが降り注ぎ、何とも清々しいステイウイーク明けの5月6日。TVをつけていないと平和な日常そのものであります。

ステイウイークの始めに素敵なニュースがありました。「コロナ」という名の少年がいじめられているのを知った俳優のトム・ハンクスさんが、自身の愛用するコロナ社製のタイプライターで手紙を打ち、そのタイプライターと一緒にプレゼントし励ましたという、心あたたまるエピソードです。

このような「コロナ」で良い話は嬉しいですね。医療従事者に感謝の意を表すブルーライトや拍手(フライデーオペレーション)といったアクションに、絆の深まりを感じます。厳しい状況が続く中での明るいニュースや出来事には笑顔がこぼれます。

ステイホーム中の楽しみのひとつはTV各局がしのぎを削る春の新ドラマなのですが、軒並み延期となり残念ですね。番組表を見ると往年の人気ドラマを各局で再放送して穴を埋めています。そしてニュースやワイドショーはといえば、変わらぬコメンテーターとMCが政府批判を繰り返しています。新型コロナウイルスの収束に向けて政府は生活習慣上の留意点を発表しましたが、もはや反面教師じみたバラエティー番組に成り果てたニュースショーのMCとコメンテーターの言動は一方的な批判に終始し、視聴者を洗脳しにかかっているかのような傍若無人ぶり。

「営業自粛で売上が落ちて家賃が払えない人達に政府はもっと手厚い補償をすべき!」などと声高にアピールし、「我々国民にはスーパーの買い物にはひとりで行けと言いながら、SP二人を伴って視察した西村康稔経済再生担当大臣は何なんだ!」と訳の分からないコメントを重ねる出演者様のギャラは、おいくらなのでしょうか? 報道とは、私感を主張することではなく、事実をフェアに伝えることではないでしょうか。

私達が今できる事は政府発表の生活様式をなるべく守り、一日も早く普段通りの生活に戻るための地道な心がけだと思います。

弊社社長 菅田耕司のコラム


記事を検索
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

管理者用